製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはコチラ

CData Sync

BigCommerce データを複数のデータベースにレプリケーション。

BigCommerce をPoint-and-click 操作で複数の異なるデータベースに同期する方法。

宮本航太
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2022-11-28

こんにちは!プロダクトスペシャリストの宮本です。

常時起動のアプリケーションは、自動フェイルオーバー機能およびリアルタイムなデータアクセスを必要とします。CData Sync は、リアルタイムBigCommerce データをミラーリングデータベース、上記稼働のクラウドデータベース、レポーティングサーバーなどのほかのデータベースに連携し、Windows からリモートBigCommerce に接続し、自動的に同期を取ります。

レプリケーションの同期先の設定

CData Sync を使って、BigCommerce をクラウド・オンプレにかかわらず複数のデータベースレプリケーションします。レプリケーションの同期先を追加するには、[接続]タブを開きます。

それぞれのデータベース向けに以下を行います:

  1. [同期先]タブをクリックします。
  2. 同期先を選択します。この記事では、SQLite を使います。 同期先の接続設定。
  3. 必要な接続プロパティを入力します。SQLite データベースにBigCommerce をレプリケートするためにDataSource ボックスにファイルパスを入力します。
  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. 同期先の接続設定 (SQLite is shown)。
  6. [変更を保存]をクリックします。

BigCommerce 接続の設定

データソース側にBigCommerce を設定します。[接続]タブをクリックします。

  1. [同期先]タブをクリックします。
  2. BigCommerce アイコンをデータソースとして選択します。プリインストールされたソースにBigCommerce がない場合には、追加データソースとしてダウンロードします。
  3. 接続プロパティに入力をします。

    BigCommerce 認証は標準のOAuth フローに基づいています。

    Store ID の取得

    BigCommerce Store に接続するには、StoreId が必要です。Store Id を確認するには、以下の手順に従ってください。

    1. BigCommerce アカウントにログインします。
    2. ホームページから「Advanced Settings」->「API Accounts」 を選択します。
    3. 「Create API Account」->「Create V2/V3 API Token」をクリックします。
    4. 画面にAPI Path という名前のテキストボックスが表示されます。
    5. テキストボックス内に、次の構造のURL が表示されます:https://api.bigcommerce.com/stores/{Store Id}/v3。
    6. 上記で示したように、Store Id は'stores/' と'/v3' パスパラメータの間にあります。
    7. Store Id を取得したら、「キャンセル」 をクリックするか、まだ持っていない場合はAPI Account の作成に進むことができます。

    パーソナルアクセストークンの取得

    加えて、自分のデータをテストおよびアクセスするには、個人用トークンを取得する必要があります。個人用トークンを取得する方法は次のとおりです。

    1. BigCommerce アカウントにログインします。
    2. ホームページから「Advanced Settings」->「API Accounts」 を選択します。
    3. 「Create API Account」->「Create V2/V3 API Token」をクリックします。
    4. アカウント名を入力します。
    5. 作成するAPI Account の「OAuth Scopes」を選択します。CData 製品 は"None" とマークされたデータにアクセスできません。また、"read-only" とマークされたデータを変更できません。
    6. 「保存」をクリックします。

    BigCommerce への認証

    次に、以下を設定してデータに接続できます。
    • StoreId:API Path テキストボックスから取得したStore ID に設定。
    • OAuthAccessToken:生成したトークンに設定。
    • InitiateOAuth:OFF に設定。

    データソースの接続設定(Salesforce is shown)。
  4. [接続のテスト]をクリックして、正しく接続できているかをテストします。
  5. [変更を保存]をクリックします。

レプリケーションを実行するクエリの設定

CData Sync はレプリケーションをコントロールするSQL クエリを簡単なGUI 操作で設定できます。レプリケーションジョブ設定には、[ジョブ]タブに進み、[ジョブを追加]ボタンをクリックします。 次にデータソースおよび同期先をそれぞれドロップダウンから選択します。

レプリケーションジョブのデータソースと同期先を選択。

テーブル全体をレプリケーションする

テーブル全体をレプリケーションするには、[テーブル]セクションで[テーブルを追加]をクリックします。表示されたテーブルリストからレプリケーションするテーブルをチェックします。

同期するテーブルを選択 (Salesforce is shown)。

テーブルをカスタマイズしてレプリケーションする

SQL クエリを使って、レプリケーションをカスタマイズすることができます。REPLICATE ステートメントは、データベースにテーブルをキャッシュして、保持するハイレベルなコマンドです。BigCommerce API でサポートされているSELECT クエリを使うことができます。レプリケーションのカスタマイズには、[カスタムクエリを追加]をクリックして、カスタムクエリステートメントを定義します。

カスタムレプリケーション用のクエリを定義。

次のステートメントは、BigCommerce のテーブルのアップデートを差分更新でキャッシュします:

REPLICATE Customers;

特定のデータベースを更新するために、レプリケーションクエリを含むファイルを指定することもできます。レプリケーションクエリをセミコロンで区切ります。複数のBigCommerce アカウントを同じデータベースに同期しようとする際には、以下のオプションが便利です:

  • REPLICATE SELECT ステートメントで別のprefix を使う:

    REPLICATE PROD_Customers SELECT * FROM Customers;
  • 別の方法では、別のスキーマを使う:

    REPLICATE PROD.Customers SELECT * FROM Customers;

レプリケーションのスケジュール起動設定

[スケジュール]セクションでは、レプリケーションジョブの自動起動スケジュール設定が可能です。反復同期間隔は、15分おきから毎月1回までの間で設定が可能です。

ジョブのスケジュール起動設定。

レプリケーションジョブを設定したら、[変更を保存]ボタンを押して保存します。BigCommerce のオンプレミス、クラウドなどのデータベースへのレプリケーションジョブは一つではなく複数を作成することが可能です。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。