Crystal Reports にBugzilla を連携してBugzilla データを使った帳票を作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla ODBC Driver

Bugzilla ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからBugzilla プロジェクト管理データに連携。

Bugzilla にデータベースのようにアクセス - ODBC インターフェースでBugs、Branches、Users など多様なデータにSQL でクエリ。



レポート作成ウィザードを使って、最新のBugzilla データを使った帳票を作成。



Crystal Reports には、ODBC 標準向けのサポートが組み込まれています。CData ODBC Driver for Bugzilla は、Crystal Reports でレポート作成ウィザードやその他のツールを使ってBugzilla へのアクセスを可能にします。この記事では、Bugzilla の機能を持つシンプルな帳票を作成する方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Bugzilla データに接続

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってBugzilla 接続を作成します。

  1. ODBC 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • Url
    • APIKey

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

    Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

    • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
    • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

  2. 新しい帳票で、[Create New Connection]>[ODBC]をクリックします。

  3. ウィザードが表示されたら[Select Data Source]をクリックし、[Data Source Name]メニューでDSN を選択します。

Bugzilla データに連携する帳票をデザイン

ODBC 接続をBugzilla に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってBugzilla を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、Bugs テーブルのId およびSummary カラムを使います。

  2. チャートの種類を設定。 例えば、Summary をId で表すシンプルなチャートを作成します。 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はBugzilla に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、リアル隊うBugzilla に対してクエリを実行します。

  3. 必要に応じて、ほかのフィルタやレポートテンプレートを設定します。
  4. データのインポートが終わったら、レポートフィールドをサマライズもしくはソートするチャートやレポートオブジェクトを作成できます。[Insert]>[Chart]をクリックして、チャートエキスパートを開きます。Total Summary by Id を表すグラフを作成するには、Id を[On Change Of]メニューセレクションの下のボックスに追加してからSummary を[Show Values]の下のボックスに追加します。

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。