PowerShell Cmdlets でBugzilla データをCSV にエクスポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Bugzilla Cmdlets

Bugzilla データにリアルタイム連携を実現するPowerShell Cmdlets。Cmdlets を使って、SQL Server と同感覚で多様なデータにリアルタイムアクセス。



標準PowerShell cmdlets を使ってBugzilla テーブルにアクセスして、CSV にエクスポート。

CData Cmdlets Module for Bugzilla は、直感的なBugzilla データ連携を提供する標準cmdlet です。 本記事では、Bugzilla Cmdlets を使ったサンプルを提供します。

Bugzilla への接続を設定

Bugzilla アカウントには以下の接続プロパティで接続します:

  • URL: Bugzilla 開発者ページの(Home ページ)。
  • ApiKey: Bugzilla 開発者ページのPreferences -> API Keys で生成したAPI Key。

$conn = Connect-Bugzilla  -Url "$Url" -APIKey "$APIKey"

Bugzilla データを取得してCSV にパイプライン

次の手順で、Bugs テーブルデータを取得して、結果をCSV ファイルにエクスポートします:

Select-Bugzilla -Connection $conn -Table Bugs | Select -Property * -ExcludeProperty Connection,Table,Columns | Export-Csv -Path c:\myBugsData.csv -NoTypeInformation

このように、Select-Bugzilla から取得した結果を、Select-Object cmdlet に流し、Export-Csv cmdlet に渡す前にいくつかのプロパティを除外しています。これは、CData Cmdlets が接続情報、テーブル、およびカラム情報が結果セットのそれぞれの"行"に挿入されるためです。それらの情報を表示したくない場合に、Export-Csv cmdlet に渡す前に除外を先に行い、それからCSV ファイルにエクスポートします。。

CData Cmdlets から、次のCmdlets にデータをパイプラインするところでは、接続、テーブル、カラムの情報が必要です。

このように、CData Cmdlets でデータ連携をシンプルに構成できます。Cmdlets では、モジュールのインストール、接続プロパティの設定だけで、データ連携の構築を始めることができます。是非、CData PowerShell Cmdlets の無償試用版をダウンロードして、シンプルかつパワフルなデータ連携を体感してください。