製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

LINQ to Business b-ridge データに連携してみた

LINQ は.NET Framework 3.0以上で クエリの汎用ファシリティを提供し、CData Data Providers for ADO.NET からプログラムでデータにアクセスする簡単な方法を提供します。この記事では、LINQ を使ってBusiness b-ridge Data Provider から情報にアクセスします。



この記事では、CData ADO.NET Data Provider for Business b-ridge 経由でLINQ を使ってBusiness b-ridge テーブルにアクセスする方法を説明します。これを行うには、Entity Framework にLINQ を使います。これにより接続を作成し、あらゆる CData ADO.NET Data Providers からLINQ を使ってデータにアクセスできるようになります。

  1. Visual Studio の新規プロジェクトで、プロジェクトを右クリックし[新しい項目の追加]を選択します。[ADO.NET Entity Data Model]を追加します。
  2. [データベースから生成]を選択し、[次へ]をクリックします。
  3. [接続の追加]をクリックし、データソースタイプを "CData Business b-ridge Data Source" に変更します。
  4. データソースの接続情報を入力します。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

  5. エンティティ接続をApp.Config に保存する場合は、エンティティ名を設定します。この例では、BusinessBridgeEntities をエンティティ接続としてApp.Config に設定しています。
  6. モデル名を入力し、モデルに含めたいテーブルまたはビューを選択します。

作成したエンティティを使って、選択、更新、削除、および挿入コマンドが実行できます。例:

BusinessBridgeEntities context = new BusinessBridgeEntities(); var cdataQuery = from cdata in context.CDATA select cdata; foreach (var result in cdataQuery) { Console.WriteLine("{0} {1} ", result.Id, result.ItemId); }

サポートされたLINQ のクエリ例は、ヘルプドキュメントの「LINQ およびEntity Framework」をご参照ください。

 
 
ダウンロード