製品をチェック

Certinia Data Provider の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Certinia アイコン Certinia ADO.NET Provider 相談したい

Certinia データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

ADO.NET 経由でTIBCO Spotfire でCertinia データに連携してをビジュアライズ

TIBCO Spotfire のダッシュボードにCertinia データの連携が驚くほど簡単に。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-09-16

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

この記事では、CData ADO.NET Provider for Certinia をTIBCO Spotfire で使う方法を説明します。接続を確立して、簡単なダッシュボードを作成していきます。

  1. [Add Data Tables]をクリックして、CData ADO.NET データソースを追加します。
  2. [Add]>[Database]をクリックします。
  3. プロバイダーを選択して[Configure]をクリックします。
  4. 接続設定を定義します。一般的な接続文字列は次のとおりです。

    User=myUser;Password=myPassword;Security Token=myToken;

    Certinia 接続プロパティの取得・設定方法

    デフォルトでは、CData 製品は本番環境に接続します。サンドボックスアカウントを使用するには、UseSandboxtrue に設定します。User にサンドボックスのユーザー名を指定してください。

    Certinia への認証

    Certinia への接続に使用できる認証方法は以下のとおりです。

    • ログイン認証
    • SSO
    • OAuth

    ログインおよびトークン

    User およびPassword をログインクレデンシャルに設定します。さらにSecurityToken を設定します。SecurityToken については、信頼できるIP アドレスに利用中のIP を追加することで指定する必要がなくなります。

    セキュリティトークンを無効にするには、以下の手順を実行してください。

    1. Certinia にログインして、「設定」セクションの「Quick Find」ボックスに「Network Access」と入力します。
    2. 使用しているIP アドレスを信頼できるIP アドレスのリストに追加します。

    セキュリティトークンの取得には、以下を実行してください。

    1. Certinia の個人情報設定用ページを開きます。
    2. セキュリティトークンリセット用のリンクをクリックすると、トークンが指定したメールアドレスに送信されます。
    3. 取得したセキュリティトークンを、SecurityToken 接続プロパティに指定するか、Password に追加してください。

    OAuth

    すべてのOAuth フローで、AuthSchemeOAuth に設定する必要があります。詳しい設定方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth」セクションを参照してください。

    Connection properties in the Configure Data Source Connection dialog. (Salesforce is shown.)
  5. ダッシュボードに追加したいテーブルを選択します。この例ではAccount を使います。SQL クエリも指定できます。ドライバーは標準SQL シンタックスをサポートしています。 Tables and columns selected in the tree or specified by an SQL query. (Salesforce is shown.)
  6. リアルタイムデータを使いたい場合は、[Keep Data Table External]オプションをクリックします。このオプションは、データの変更をリアルタイムでダッシュボードに反映します。

    データをメモリにロードしてローカルで処理したい場合は、[Import Data Table]オプションをクリックします。このオプションは、オフラインでの使用、またはスローなネットワーク接続によりダッシュボードがインタラクティブでない場合に使用します。

  7. テーブルを追加すると[Recommended Visualizations]ウィザードが表示されます。テーブルを選択すると、Spotfire はカラムのデータ型を使ってnumber、time、category カラムを検出します。この例ではNumbers セクションでName を、Categories セクションでBillingState を使用しています。Recommended visualizations for the imported data table. (Salesforce is shown.)

[Recommended Visualizations]ウィザードでいくつかビジュアライズしたら、ダッシュボードにその他の修正を加えられます。例えば、ページにフィルタを適用することで、高確率なopportunities にズームインできます。フィルタを追加するには、[Filter]ボタンをクリックします。各クエリで利用可能なフィルタは、[Filters]ペインに表示されます。

A simple dashboard with a global filter. (Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。