Automated Continuous CSV Replication to Azure SQL

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Sync



Use CData Sync for automated, continuous, customizable CSV replication to Azure SQL.

Always-on applications rely on automatic failover capabilities and real-time data access. CData Sync integrates live CSV data into your Azure SQL instance, allowing you to consolidate all of your data into a single location for archiving, reporting, analytics, machine learning, artificial intelligence and more.

Configure Azure as a Replication Destination

Using CData Sync, you can replicate CSV data to Azure SQL. To add a replication destination, navigate to the Connections tab.

  1. Click Add Connection.
  2. Select Azure SQL as a destination.
  3. Enter the necessary connection properties. To connect to Azure SQL, set the following:
    • Server: The address of the server hosting the Azure SQL database.
    • User: The username provided for authentication with the Azure SQL database.
    • Password: The password provided for authentication with the Azure SQL database.
    • Database: The name of the Azure SQL database.

    Java Edition

    The Java version requires the Microsoft SQL Server JDBC Driver, which can be downloaded from the Microsoft Download Center. Copy the JDBC driver to the lib folder of your Java Web server to make a connection.

  4. Click Test Connection to ensure that the connection is configured properly.
  5. Click Save Changes.

Configure the CSV Connection

You can configure a connection to CSV from the Connections tab. To add a connection to your CSV account, navigate to the Connections tab.

  1. Click Add Connection.
  2. Select a source (CSV).
  3. Configure the connection properties.

    DataSource プロパティにローカルフォルダ名を設定します。

    .csv、.tab、.txt ではない拡張子のファイルを扱う場合には、IncludeFiles 使用する拡張子をカンマ区切りで設定します。Microsoft Jet OLE DB 4.0 driver 準拠の場合にはExtended Properties を設定することができます。別の方法として、Schema.ini ファイルにファイル形式を記述することも可能です。

    CSV ファイルの削除や更新を行う場合には、UseRowNumbers をTRUE に設定します。RowNumber はテーブルKey として扱われます。

    Amazon S3 内のCSV への接続

    URI をバケットおよびフォルダに設定します。さらに、次のプロパティを設定して認証します。

    • AWSAccessKey:AWS アクセスキー(username)に設定。
    • AWSSecretKey:AWS シークレットキーに設定。

    Box 内のCSV への接続

    URI をCSV ファイルを含むフォルダへのパスに設定します。Box へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Box への接続 を参照してください。

    Dropbox 内のCSV への接続

    URI をCSV ファイルを含むフォルダへのパスに設定します。Dropbox へ認証するには、OAuth 認証標準を使います。 認証方法については、Dropbox への接続 を参照してください。ユーザーアカウントまたはサービスアカウントで認証できます。ユーザーアカウントフローでは、以下の接続文字列で示すように、ユーザー資格情報の接続プロパティを設定する必要はありません。

    SharePoint Online SOAP 内のCSV への接続

    URI をCSV ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。認証するには、User、Password、およびStorageBaseURL を設定します。

    SharePoint Online REST 内のCSV への接続

    URI をCSV ファイルを含むドキュメントライブラリに設定します。StorageBaseURL は任意です。指定しない場合、ドライバーはルートドライブで動作します。 認証するには、OAuth 認証標準を使用します。

    FTP 内のCSV への接続

    URI をルートフォルダとして使用されるフォルダへのパスが付いたサーバーのアドレスに設定します。認証するには、User およびPassword を設定します。

    Google Drive 内のCSV への接続

    デスクトップアプリケーションからのGoogle への認証には、InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定して、接続してください。詳細はドキュメントの「Google Drive への接続」を参照してください。

  4. Click Connect to ensure that the connection is configured properly.
  5. Click Save Changes.

Configure Replication Queries

CData Sync enables you to control replication with a point-and-click interface and with SQL queries. For each replication you wish to configure, navigate to the Jobs tab and click Add Job. Select the Source and Destination for your replication.

Replicate Entire Tables

To replicate an entire table, click Add Tables in the Tables section, choose the table(s) you wish to replicate, and click Add Selected Tables.

Customize Your Replication

You can use the Transform feature to customize your replication. The Transform feature allows you to specify which columns to replicate, rename the columns at the destination, and even perform operations on the source data before replicating. To customize your replication, click the Transform button in the Tables section and customize the replication.

Schedule Your Replication

In the Schedule section, you can schedule a job to run automatically, configuring the job to run after specified intervals ranging from once every 15 minutes to once every month.

Once you have configured the replication job, click Save Changes. You can configure any number of jobs to manage the replication of your CSV data to Azure SQL.