製品をチェック

Epicor Kinetic Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Epicor Kinetic アイコン Epicor Kinetic JDBC Driver 相談したい

Epicor Kinetic のSales Orders、Purchase Orders、Accounts データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

NetBeans IDE でEpicor Kinetic データに仮想RDB として連携

データソース構成ウィザードを使ってNetBeans IDE でEpicor Kinetic に仮想DB として連携接続。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-04-25

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。



CData JDBC Driver for EpicorKinetic は、JDBC をサポートするIDE にリアルタイムEpicor Kinetic データへの仮想DB 連携を実現します。JDBC 標準では、ビルトインのデータアクセスウィザードや、迅速な開発をサポートするその他のツールを使用できます。この記事では、NetBeans でEpicor Kinetic に接続する方法を説明します。接続を作成して[Table Editor]でEpicor Kinetic を編集および保存、 していきます。

NetBeans にEpicor Kinetic のJDBC データソースを作成

JDBC データソースを作成するには、[Service]ウィンドウの[Database]ノードを展開し、[Drivers]ノードを右クリックして[New Driver]を選択します。[New Driver]ウィザードが表示されたら、以下の情報を入力します:

  • Driver File(s):[Add]をクリックして、ファイルエクスプローラダイアログが表示されたらcdata.jdbc.epicorkinetic.jar ファイルを選択。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  • Driver Class:[Find]をクリックしてJAR 内のドライバークラスを検索し、cdata.jdbc.epicorkinetic.EpicorKineticDriver をメニューから選択。
  • Name:ドライバーの名前を入力。
The JDBC driver definition. (Salesforce is shown.)

接続パラメータを定義

下記の手順に従って、必要な接続プロパティを定義します:

  1. [Service]ウィンドウで、[Database]ノードを右クリックし[New Connection]をクリックします。

  2. [New Connection]ウィザードで次の接続プロパティを入力します:

    • Driver Name:CData JDBC Driver for EpicorKinetic を選択。
    • User Name:ユーザーネームを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • Password:パスワードを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • JDBC URL:JDBC URL を指定。

      ERP インスタンスに接続するには、次の接続プロパティを指定してください。

      • Url:ERP インスタンスをホストしているサーバーのURL。例えば、https://myserver.EpicorSaaS.com
      • ERPInstance:ERP インスタンス名。
      • User:アカウントのユーザー名。
      • Password:アカウントのパスワード。
      • Service:データを取得するサービス。例えば、BaqSvc。

      また、オプションで次の接続プロパティを指定することもできます。

      • ApiKey:アカウント設定に応じて、いくつかのサービスへの接続に必要となるオプションのキー。
      • ApiVersion:デフォルトはv1。新しいEpicor API を使用するにはv2 に設定してください。
      • Company:ApiVersion をv2 に設定した場合は必須になります。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:epicorkinetic:Service=Erp.BO.CustomerSvc;ERPInstance=MyInstance;URL=https://myaccount.epicorsaas.com;User=username;Password=password;
Required connection properties defined in the JDBC URL. (Salesforce is shown.)

リアルタイムEpicor Kinetic データをクエリ

Epicor Kinetic に接続するには、[Database]ノードにある接続を右クリックし[Connect]をクリックします。接続が確立されたら、展開してスキーマ情報を見ることができます。

[Data Views]ウィンドウにテーブルをロードするには、テーブルを右クリックしてから[View Data]をクリックします。 [Data Views]ウィンドウではレコードの挿入、更新、および削除もできます。

The results of a query in NetBeans. (Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。