製品をチェック

Exchange Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Microsoft Exchange アイコン Exchange JDBC Driver 相談したい

パワフルなMicrosoft Exchange 送受信機能を統合した優れたJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。電子メールの送受信、Exchange のメッセージ、フォルダー、カレンダーなどの管理を行うことができます。

国産BI ツールのActionista! からMicrosoft Exchange に直接連携してビジュアライズ

Actionista! からリアルタイムMicrosoft Exchange データに直接連携して分析を実施。

桑島義行
テクニカルディレクター

最終更新日:2022-07-20
exchange ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Actionista! ロゴ

こんにちは!テクニカルディレクターの桑島です。

CData Driver for Exchange を使って、国産BIツールのActionista!(https://www.justsystems.com/jp/products/actionista/) からMicrosoft Exchange データをノーコードで連携して利用できます。この記事では、間にETL/EAI ツールをはさむ方法ではなく、CData JDBC Driver for Exchange をActionista! 側に組み込むだけで連携を実現できます。

Actionista! からMicrosoft Exchange データへの連携を設定

CData JDBC Driver for Exchange をActionista! に配置

  • CData JDBC Driver for Exchange をActionista! と同じマシンにインストールします。
  • 次にインストールした.jar ファイルを以下のパスに格納します:
    ドライバー.jar ファイルのディレクトリ C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Exchange 2019J\lib\cdata.jdbc.exchange.jar
    Actionista! 側のコピー先ディレクトリ C:\JUST\JustBI\jdbc
  • 次に、C:\JUST\JustBI\conf にあるdatamanager.properties プロパティファイルに今回使用するMicrosoft Exchange のドライバークラスなどを以下のように指定します:
  • # Exchange loader.jdbc.displayName.Exchange = Exchange loader.jdbc.initJdbcUrl.Exchange = jdbc:exchange: loader.jdbc.url.Exchange = jdbc:exchange: loader.jdbc.driver.Exchange = cdata.jdbc.exchange.ExchangeDriver loader.jdbc.dbmsInfo.Exchange = cdata.jdbc.exchange.ExchangeDriver
  • これでActionista! へのドライバーの配置が完了しました。

Microsoft Exchange データをActionista! のキューブに取り込み

Actionista! ではデータの保持をキューブという単位で保存します。また、クエリでデータソースからデータを取得するのではなく、キューブに対してクエリを行います。このステップでは、Microsoft Exchange データをキューブに取り込み、分析で使えるようにします。

  • Actionista! にログインします。
  • 「DataManager」-> 「+キューブの新規作成」をクリックします。
  • CData JDBC Driver はRDB データソースとしてActionista! から利用できるので、「RDB」を選択します。
  • 設定情報にMicrosoft Exchange への接続に必要なプロパティを入れます:
    • RDB の種類:には、上のステップでdisplayName で指定した名前をドロップダウンで選びます。
    • 接続URL:Microsoft Exchange に接続するための認証情報をセミコロン区切りで入力します。

      Exchange への接続には、User およびPassword を指定します。さらに、接続するExchange サーバーのアドレスとサーバーに関連付けられたプラットフォームを指定します。

      jdbc:exchange:User='myUser@mydomain.onmicrosoft.com';Password='myPassword';Server='https://outlook.office365.com/EWS/Exchange.asmx';Platform='Exchange_Online';
    • ユーザー名:接続するアカウントのユーザー名(URL に含めることも可)
    • パスワード:接続するアカウントのパスワード(URL に含めることも可)
  • Actionista! のキューブにMicrosoft Exchange を設定(Salesforce is shown.)
  • 「接続」ボタンを押してMicrosoft Exchange に接続します。
  • Microsoft Exchange への接続が完了すると、JDBC Driver がMicrosoft Exchange のスキーマを取得して、テーブル・ビューをプルダウンメニューに表示します。分析キューブで使用するテーブル・ビューを選択して、OK ボタンを押します。
  • Microsoft Exchange のテーブルを選択(Salesforce is shown.)
  • 選択したオブジェクトのカラムが表示されます。JDBC Driver は、Microsoft Exchange データのスキーマを検出してActionista! に渡すので、カラム名だけでなく、データ型の推定がすでになされています。ここで細かい型修正やデータの抽出条件を必要があれば設定して保存します。
  • Microsoft Exchange オブジェクトを選択してスキーマ修正(Salesforce is shown.)
  • データマネージャー画面でMicrosoft Exchange データを選択して、「+取り込み」ボタンを押すとデータがキューブに保存されます。これでキューブへのデータ登録が完了です。

Actionista! 上にMicrosoft Exchange データのダッシュボードを作成する

それでは簡単なダッシュボードを作成していきます。

  • 「Dashboard」-> 「ダッシュボードの新規作成」-> 「キューブから作成」をクリックします。
  • Microsoft Exchange キューブを選択(Salesforce is shown.)
  • 先ほど作成したMicrosoft Exchange データのキューブを選択して、ダッシュボード名を任意で入力して、OK を押します。
  • 左側にある明細パネルを右側のエリアにドラッグ&ドロップしますと、明細パネルの作成ウィンドウが表示されるので、Microsoft Exchange キューブから表示させる項目を選択します。
  • Microsoft Exchange キューブから分析で使用するカラムを選択(Salesforce is shown.)
  • そのままキューブのデータが表示することができます。ドリルダウンなどを行いたい場合は、サイドメニューにある分析パネルで作成してください。
  • Microsoft Exchange データをActionista! でビジュアライズ(Salesforce is shown.)

CData JDBC Driver for Exchange をActionista! で使うことで、ノーコードでMicrosoft Exchange データをビジュアライズできました。ぜひ、30日の無償評価版をお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。