MySQL のFederated Table としてGmail データを連携利用する

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Gmail ODBC Driver

Gmail ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなインターネット電子メール(Gmail)に直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにGmail フォルダーおよびメッセージデータにアクセスし、電子メールの読み出し、書き込み、および送信を実行できます。



SQL Gateway とODBC Driver を使ってGmail のMySQL Federated Table を構築する。

SQL Gateway を使って、MySQL リモーティングサービスを作成し、Gmail のMySQL Federated Table を構築できます。CData ODBC Driver for Gmail のMySQL インターフェースのdeamon になります。サービス起動後、MySQL のFEDERATED ストレージエンジンを使ってサーバーおよびテーブルを作成します。Gmail data をMySQL テーブルのように使いましょう。

Gmail データへの接続

If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can use the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator to configure the DSN. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

Gmail に接続する方法は2つあります。ログインクレデンシャルかOAuth のいずれかを選択する前に、まずGmail のアカウント設定でIMAP アクセスを有効にしてください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」-「Gmail への接続」を参照してください。

Authentication セクションのUser とPassword プロパティに、有効なGmail ユーザー資格情報を設定します。

あるいは、Password を指定する代わりに、OAuth 認証標準を使います。 個々のユーザーに代わってGoogle API にアクセスするには、埋め込みクレデンシャルを使用するか、独自のOAuth アプリを登録することができます。

また、OAuth を利用することで、Google Apps ドメイン内のユーザーに代わってサービスアカウントを使用して接続することができます。サービスアカウントで認証するには、アプリケーションを登録してOAuth JWT 値を取得する必要があります。

OAuth 値に加え、User を指定する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

SQL Gateway の設定

See the SQL Gateway Overview to set up connectivity to Gmail data as a virtual MySQL database. You will configure a MySQL remoting service that listens for MySQL requests from clients. The service can be configured in the SQL Gateway UI.

Gmail Data のFEDERATED サーバーおよびテーブルを作成

After you have configured and started the service, create a FEDERATED server to simplify the process of creating FEDERATED tables:

FEDERATED サーバーの作成

The following statement will create a FEDERATED server based on the ODBC Driver for Gmail. Note that the username and password of the FEDERATED server must match a user account you defined on the Users tab of the SQL Gateway.

CREATE SERVER fedGmail
FOREIGN DATA WRAPPER mysql
OPTIONS (USER 'sql_gateway_user', PASSWORD 'sql_gateway_passwd', HOST 'sql_gateway_host', PORT ####, DATABASE 'CData Gmail Sys');

FEDERATED テーブルの作成

To create a FEDERATED table using our newly created server, use the CONNECTION keyword and pass the name of the FEDERATED server and the remote table (Inbox). Refer to the following template for the statement to create a FEDERATED table:

CREATE TABLE fed_inbox (
  ...,
  subject  TYPE(LEN),
  size  TYPE(LEN),
  ...,
)
ENGINE=FEDERATED
DEFAULT CHARSET=latin1
CONNECTION='fedGmail/inbox';

NOTE: The table schema for the FEDERATED table must match the remote table schema exactly. You can always connect directly to the MySQL remoting service using any MySQL client and run a SHOW CREATE TABLE query to get the table schema.

クエリの実行

You can now execute queries to the Gmail FEDERATED tables from any tool that can connect to MySQL, which is particularly useful if you need to JOIN data from a local table with data from Gmail. Refer to the following example:

SELECT 
  fed_inbox.subject, 
  local_table.custom_field 
FROM 
  local_table 
JOIN 
  fed_inbox 
ON 
  local_table.foreign_subject = fed_inbox.subject;