Visual Studio でチャートコントロールと Google Cloud Storage をデータバインド

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage ADO.NET Provider

Google Cloud Storage データに連携する.NET アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



標準ADO.NET プロシージャを使ってデータバインドして、Visual Studio ツールボックスのコントロールから Google Cloud Storage との双方向接続を実現。この記事ではVisual Studio のグラフィカルアプローチと、ほんの数行のコードでデータバインドをする方法を説明します。

データバインドによって、UI コントロールからデータに接続できます。 CData ADO.NET Provider for Google Cloud Storage を使って、Visual Studio 上でWindows Forms およびWeb Forms とGoogle Cloud Storage をデータバインドできます。この記事で、Google Cloud Storage を、ウィザードから変更をリアルタイムで反映するチャートにデータバインドする方法を説明します。 Code Walk-through セクションではチャートはほんの10行のコードで作成します。

チャートへのデータバインド

データバインドは3つのステップから構成されます;コントロールのインスタンス作成、データソースの設定、データバインドです。

接続を設定してデータベースオブジェクトを選択

下の手続きにより、データソース構成ウィザードを使ってチャートコントロールとGoogle Cloud Storage との接続を作成します。ウィザード上でデータバインドをするGoogle Cloud Storage エンティティを使います。

  1. Windows Forms プロジェクトでは、チャートコントロールをツールボックスからフォーム上にドラグ&ドロップします。チャートプロパティのデータセクションで DataSource を選択し、メニューからプロジェクトデータソースの追加を選択します。
  2. 出てくるデータソース構成ウィザードでデータベース -> データセットを選択します。
  3. データ接続ステップで、「新しい接続」をクリックします。
  4. データ接続の選択ダイアログで、「変更」をクリックして、CData Google Cloud Storage データソースを選択して、接続プロパティを入力します。下は代表的な接続文字列ですです。:

    ProjectId='project1';

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  5. 使用するデータソースオブジェクトを選択します。例は Buckets テーブルです。

DataBind

データソースの追加とデータベースオブジェクトを選択したら、チャートにオブジェクトをバインドします。この例では、X軸に Name をY軸に OwnerId を設定します。

  1. チャートプロパティで、Series プロパティをクリックし、Series コレクション エディター を開きます。
  2. Series プロパティでX軸、Y軸に設定するカラムを選択します:XValueMember および YValueMember プロパティにメニューからカラムを選びます。

チャートはこれでGoogle Cloud Storage にデータバインドされました。チャートを実行して最新のデータを表示させましょう。

コード Walk-through

Google Cloud Storage へのデータバインドはほんの数行のコードのみが必要で、3つの簡単なステップで完了できます。

  1. Google Cloud Storage に接続します。
  2. GoogleCloudStorageDataAdapter を作成して、クエリを作成し、結果を入れるデータセットを作成します。
  3. 結果セットとチャートをデータバインドします。

下に完全なコードを示します:

GoogleCloudStorageConnection conn = new GoogleCloudStorageConnection("ProjectId='project1';"); GoogleCloudStorageCommand comm = new GoogleCloudStorageCommand("SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = 'TestBucket'", conn); GoogleCloudStorageDataAdapter da = new GoogleCloudStorageDataAdapter(comm); DataSet dataset = new DataSet(); da.Fill(dataset); chart1.DataSource = dataset; chart1.Series[0].XValueMember = "Name"; chart1.Series[0].YValueMembers = "OwnerId"; // Insert code for additional chart formatting here. chart1.DataBind();