Amazon QuickSight でGoogle Cloud Storage データに連携するインタラクティブなダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使ってGoogle Cloud Storage データの仮想MySQL エンドポイントを作成して、Amazon QuickSight SPICE からGoogle Cloud Storage データを使ったインタラクティブダッシュボードを作成する方法。

Amazon QuickSight は、クラウド上でユーザーがインタラクティブなダッシュボードを作成できるサービスです。Amazon QuickSight とCData Connect Cloud を一緒に使うことで、簡単にGoogle Cloud Storage データに連携するビジュアライズ、ダッシュボードを作成することができます。この記事では、Connect Cloud を経由してAmazon QuickSight からGoogle Cloud Storage に連携するダッシュボードを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、Google Cloud Storage データのクラウドto クラウドの仮想MySQL インターフェースを提供し、Amazon QuickSight からリアルタイムGoogle Cloud Storage データに連携することができます。Amazon QuickSight SPICE(Super-fast、Parallel、In-memory Calculation Engine)に簡単にGoogle Cloud Storage データをインポートすることで、レスポンシブなダッシュボードをAmazon エコシステムを使って作成することができます。SPICE に保存されたデータはスケジュールで更新可能で常にアップデートされたデータを保持することができます。

Google Cloud Storage の仮想MySQL データベースを作成

CData Connect Cloud は、直観的なPoint-and-click インターフェースでデータソースへの接続およびAPI エンドポイント作成を行います。

  1. Connect Cloud にログインして、Databases をクリックします。
  2. 利用できるデータソースアイコンから"Google Cloud Storage" を選択します。
  3. Google Cloud Storage に接続するために必要なプロパティを入力します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

  4. Test Database をクリックします。
  5. Privileges -> Add をクリックして、新しいユーザーを追加し、適切な権限を指定します。

これで、Google Cloud Storage の仮想データベースが作成でき、Amazon QuickSight からのビジュアライズが可能になりました。

SPICE にGoogle Cloud Storage データをインポートして、インタラクティブダッシュボードを作成

次の手順で、Google Cloud Storage の仮想データベースをCData Connedct Cloud に作成し、SPICE にデータをインポートしてビジュアライズを作成します。

  1. Amazon QuickSight にログインして "Manage data" をクリックします。
  2. 新しいデータセットをクリックし、MySQL をデータソースとして選択します。CData Connect Cloud のインスタンスの接続情報を入力していきます。「接続を検証」をクリックして接続をテストし、問題がなければ「データソースを作成」をクリックして接続を確立します。
  3. テーブルの選択画面で、ビジュアライズで利用するテーブルを選択します。「選択」をクリックしてテーブルを確定させます。
  4. データの取り込みのオプションで、インポートかデータクエリを直接実行するかをチェックします。
  5. 「Visualize」ボタンを押して、データをロードします。
  6. フィールドとタイプを選択してビジュアライズを作成します。

SPICE データセットの更新をスケジューリングする

QuickSight では、SPICE にデータをインポートする間隔をスケジュールすることが可能で、分析字に絶えず最新のデータを使うことができます。

  1. QuickSight のホームからはじめます。
  2. "Manage data" をクリック。
  3. データのリフレッシュを行うデータセットを選択します。
  4. Schedule refresh をクリックします。
  5. タイムゾーン、頻度、開始時などのリフレッシュの設定を行い、Create をクリックします。

クラウドアプリケーションからGoogle Cloud Storage データにSQL アクセスを実現

このようにAmazon QuickSight からGoogle Cloud Storage データにクラウド-to-クラウドでの連携ができました。これで簡単にビジュアライズ、やダッシュボード作成が可能です。他にも多くのSaaS に対応するCData Connect Cloud の詳細をConnect Cloud からご覧ください。