Apache Spark でGoogle Cloud Storage データをSQL で操作

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



CData JDBC ドライバーを使用して、Apache Spark でGoogle Cloud Storage にデータ連携。

Apache Spark は大規模データ処理のための高速で一般的なエンジンです。CData JDBC Driver for Google Cloud Storage と組み合わせると、Spark はリアルタイムGoogle Cloud Storage にデータ連携して処理ができます。ここでは、Spark シェルに接続してGoogle Cloud Storage をクエリする方法について説明します。

CData JDBC Driver は、最適化されたデータ処理がドライバーに組み込まれているため、リアルタイムGoogle Cloud Storage と対話するための高いパフォーマンスを提供します。Google Cloud Storage に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計など、サポートされているSQL操作を直接Google Cloud Storage にプッシュし、組込みSQL エンジンを使用してサポートされていない操作(SQL 関数やJOIN 操作)をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブデータ型を使用してGoogle Cloud Storage を操作して分析できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage をインストール

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage インストーラをダウンロードし、パッケージを解凍し、JAR ファイルを実行してドライバーをインストールします。

Spark Shell を起動してGoogle Cloud Storage データに接続

  1. ターミナルを開き、Spark shell でCData JDBC Driver for Google Cloud Storage JAR file をjars パラメータに設定します: $ spark-shell --jars /CData/CData JDBC Driver for Google Cloud Storage/lib/cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar
  2. Shell でJDBC URL を使ってGoogle Cloud Storage に接続し、SQL Context load() function でテーブルを読み込みます。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    組み込みの接続文字列デザイナー

    JDBC 接続文字列URL の作成には、Google Cloud Storage JDBC Driver にビルトインされたデザイナを使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインでJAR ファイルを実行するとデザイナが開きます。

    java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    scala> val googlecloudstorage_df = spark.sqlContext.read.format("jdbc").option("url", "jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';").option("dbtable","Buckets").option("driver","cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver").load()
  3. 接続が完了し、データがロードされたら、テーブルスキーマが表示されます。
  4. Google Cloud Storage をテンポラリーテーブルとして登録します:

    scala> googlecloudstorage_df.registerTable("buckets")
  5. データに対して、次のようなカスタムSQL クエリを実行します:

    scala> googlecloudstorage_df.sqlContext.sql("SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = TestBucket").collect.foreach(println)

    You will see the results displayed in the console, similar to the following:

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage をApache Spark で使って、Google Cloud Storage に対して、複雑かつハイパフォーマンスなクエリを実行できます。是非、30日の無償試用版 をダウンロードしてお試しください。