JasperReports Server で Google Cloud Storage に連携する帳票を作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



CData JDBC Driver をJasperReports Server に配置して、Jasper Studio でリアルタイムGoogle Cloud Storage データを連携利用する帳票を作ろう。



CData JDBC Driver for Google Cloud Storage は企業全体のGoogle Cloud Storage へのデータ連携を可能にします。この記事では、JasperReports server にドライバーを配布してレポーティングドメイン、ビルディングブロックを作成し、ad hoc 帳票を作成する方法を説明します。


※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Google Cloud Storage ドライバーのJAR を配布

下記の手順に従って、ドライバーのJAR をJasperReports server に配置します。標準的なプロセスに従って、JNDI データソースをTomcat またはJBoss に配布できます。以下の説明にはGoogle Cloud Storage およびJasperReports Server にバンドルされたTomcat server の詳細が含まれます。

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のドライバーJAR およびlic ファイルを、apache-tomcat フォルダの[lib]サブフォルダにコピーします。
  2. 以下のリソースエントリーをjasperserver-pro Web アプリケーションのcontext.xml に追加します。これはアプリケーションの[META-INF]サブフォルダに配置されています。必要な接続プロパティをJDBC URL に指定します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    <Resource name="jdbc/googlecloudstorage" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverClassName="cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver" url="jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';" maxActive="20" maxIdle="10" maxWait="-1" factory="com.jaspersoft.jasperserver.tomcat.jndi.JSBasicDataSourceFactory"/>
  3. jasperserver-pro Web アプリケーションのweb.xml に以下の参照を追加します。これはアプリケーションの[WEB-INF]サブフォルダに配置されています。 Google Cloud Storage data JSP jdbc/googlecloudstorage javax.sql.DataSource Container
  4. サーバーを再起動します。

Google Cloud Storage JDBC データソースの作成

ドライバーを配布したら、JNDI 接続を作成してバンドルされたあらゆるドライバーと同じように接続できます。

  1. JasperReports Server にログインして[Create]>[Data Source]をクリックします。
  2. [Type]メニューで[JNDI Data Source]を選択します。
  3. [Service Name]ボックスにGoogle Cloud Storage に定義したJDNI ルックアップを入力します。例では、ルックアップは jdbc/googlecloudstorage です。

ドメイン の作成

データのドメインはJaspersoft のメタデータレイヤです。アドホックな分析および帳票で使うことができます。

  1. [Create]>[Domain]をクリックし、ドメインにID を入力します。
  2. [Data Source]セクションで[ブラウズ]をクリックし、作成したGoogle Cloud Storage データソースを選択します。
  3. [Domain Design]セクションで[Create with Database Designer]をクリックします。[Select Database Schema]ダイアログが表示されます。
  4. Google Cloud Storage データソースを選択します。
  5. [Tables]タブの[Data Source]ペインでテーブルを選択し、矢印をクリックして[Selected Tables]に追加します。
  6. [Display]タブの[Resources]ペインでGoogle Cloud Storage エンティティを選択し、矢印をクリックしてリソースを[Sets and Items]ペインに追加します。

ドメインにView Based を作成

ドメインを使ってGoogle Cloud Storage のビジネスビューを作成したら、データに関連あるサブセットを表示するビューを作成します。下記の手順に従って、[Ad Hoc Editor]の[Ad Hoc view]にビューを作成します。

  1. [Create]>[Ad Hoc View]をクリックします。
  2. ダイアログが表示されたら、作成したGoogle Cloud Storage ドメインを選択します。
  3. [Choose Data]ページで、ビューで使いたいカラムを選択します。[Select Fields]セクションでは、フィルターおよび入力用のプロンプトユーザーを作成できます。[Display]セクションでは、フィールドおよびフィールド名の並び順を変更できます。
  4. ウィザードを完了したら、ビューの種類を選択しビューにカラムを追加できます。JasperSoft はドライバーのメタデータを使って、利用可能なdimensions およびmeasures をデータの種類に基づいて検出します。 [Columns] および[Rows]ボックスにdimensions およびmeasures をドラッグします。例えば、チャートを作成するには[Columns]ボックスに[excol#1]を、[Rows]ボックスに[excol#2]をドラッグします。
  5. ビューを保存します。

帳票の作成

これでドメインから帳票を作成できます: