JReport Designer でGoogle Cloud Storage データを連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



JReport Designer でGoogle Cloud Storage に連携するチャートとレポートを作成します。

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage を使用すると、Google Cloud Storage がリレーショナルデータベースであるかのようにダッシュボードやレポートからライブデータにアクセスでき、使い慣れたSQL クエリを使用してGoogle Cloud Storage] をクエリできます。ここでは、JDBC データソースとしてGoogle Cloud Storage に連携し、JReport Designer でGoogle Cloud Storage のレポートを作成する方法を説明します。

Google Cloud Storage データに接続

  1. C:\JReport\Designer\bin\setenv.bat を編集し、JAR ファイルの場所をADDCLASSPATH 変数に追加します。
    ...
    set ADDCLASSPATH=%JAVAHOME%\lib\tools.jar;C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Google Cloud Storage 2016\lib\cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar;
    ...
    
  2. [File][New][Data Source]と進み、新しいデータソースを作成します。
  3. 表示されるダイアログで、データソースの名前(CData JDBC Driver for Google Cloud Storage) を作成し、JDBC を選択して[OK]をクリックします。
  4. [JDBC Connection Information]ダイアログで、JDBC ドライバーへの接続を構成します。
    • Driver:[Driver]ボックスにチェックがついていることを確認し、ドライバーのクラスの名前を入力します。 cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver
    • URL:jdbc:googlecloudstorage: から始まり、その後にセミコロンで区切られた接続プロパティのリストが続くJDBC URL を入力します。

      ユーザーアカウントでの認証

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

      接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

      サービスアカウントでの認証

      サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

      このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

      • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
      • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
      • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
      • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
      • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
      • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
      • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
      • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

      これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

      ビルトイン接続文字列デザイナー

      JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際、Max Rows 接続プロパティを設定することもできます。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

      以下は一般的なJDBC URLです。

      jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH
    • User:認証に使用するユーザー名は、通常空白のままにします。
    • Password:User と同様に認証に使用するパスワードも、通常は空白のままにします。
  5. [Add Table]ダイアログで、レポート(またはこのデータソースを使用する予定のレポート)に含めるテーブルを選択し、[Add]をクリックします。

    ダイアログがテーブルのロードを完了したら、[Done]をクリックします。

  6. [Catalog Browser]では、レポートの作成に使用するクエリを作成できます。今すぐ、またはレポートの作成後に作成できますが、どちらにしても、 データソース(CData JDBC Driver for Google Cloud Storage) を展開()し、[Queries]を右クリックして[Add Query]を選択します。
  7. [Add Table/View/Query]ダイアログで、JDBC URL とTables を展開() し、クエリで使用するテーブルを選択して[OK]をクリックします。
  8. [Query Editor]ダイアログで、含めるカラムを選択するか、[SQL]ボタンをクリックして以下のようにカスタムクエリを手動で入力できます。
    SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = 'TestBucket'
    

    クエリが作成されたら、[OK]をクリックして[Query Editor]ダイアログを閉じます。この時点で、Google Cloud Storage を新規または既存のレポートに追加する準備が整いました。

    NOTE: クエリが作成されると、クエリに基づいて[Business View]を作成できます。[Business View]を使用すると、クエリに基づいてWeb レポートまたはライブラリコンポーネントを作成できます。これについてのより詳しい情報は、JReport のチュートリアルを参照してください。

レポートにGoogle Cloud Storage データを追加

Google Cloud Storage を使用してレポートを作成することができるようになりました。

  1. 新しいレポートを作成([File][New][Page Report]) するか、既存のレポートの[Chart Wizard]を開きます。
  2. クエリを選択(または上記を参照して新しいクエリを作成) します。
  3. クエリのカラムからグラフの[Category]と[Value]を割り当て、[Finish]をクリックします。
  4. レポートの[View]タブをクリックし、チャートを表示します。