Google Cloud Storage JDBC ドライバーを使用したOBIEE でのGoogle Cloud Storage レポート

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



Google Cloud Storage JDBC ドライバーをOBIEE にデプロイし、企業全体にリアルタイムのレポートを提供します。

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage は、Google Cloud Storage へのリアルタイムアクセスをJava ベースのレポートサーバーに統合できる標準のデータベースドライバーです。この記事では、ドライバーをOracle Business Intelligence Enterprise Edition (OBIEE) にデプロイし、変更を反映するGoogle Cloud Storage に関する方法を示します。

JDBC ドライバーをデプロイ

以下のステップに従って、WebLogic のクラスパスにJDBC ドライバーを追加します。

WebLogic 12.2.1 の場合、ドライバーJAR と.lic ファイルをORACLE_HOME\user_projects\domains\MY_DOMAIN\lib のようにDOMAIN_HOME\lib に配置します。これらのファイルは、起動時にサーバーのクラスパスに追加されます。

ドライバーをクラスパスに手動で追加することもできます。これは、以前のバージョンで必要です。setDomainEnv.cmd (Windows) または setDomainEnv.sh (Unix) のPRE_CLASSPATH の前に以下を追加します。このスクリプトは、そのドメインのフォルダーのbin サブフォルダーにあります。例:ORACLE_HOME\user_projects\domains\MY_DOMAIN\bin.

set PRE_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar;%PRE_CLASSPATH%

DOMAIN_HOME\bitools\bin でstop コマンドとstart コマンドを実行するなど、すべてのサーバーを再起動します。

JDBC Data Source for Google Cloud Storage の作成

JDBC ドライバーをデプロイした後、BI Publisher からJDBC データソースを作成できます。

  1. BI Publisher にURL http://localhost:9502/analytics でログインし、[Administration]->[Manage BI Publisher]とクリックします。
  2. [JDBC Connection]->[Add Data Source]と進みます。
  3. 以下の情報を入力します。
    • Data Source Name:ユーザーが接続を作成する名前をレポートに入力します。
    • Driver Type:SELECTOther.
    • Database DriverClass:ドライバークラスに cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver を入力します。
    • Connection String:JDBC URL を入力します。

      ユーザーアカウントでの認証

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

      接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

      サービスアカウントでの認証

      サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

      このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

      • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
      • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
      • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
      • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
      • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
      • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
      • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
      • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

      これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      JDBC URL を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

      以下は一般的なJDBC URL です。

      jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH
    • Username:ユーザー名。
    • Password:パスワード。
  4. [Security]セクションで、許可されているユーザーロールを選択します。

リアルタイムのGoogle Cloud Storage レポートを作成

リアルタイムのGoogle Cloud Storage に基づいてレポートと分析を作成できるようになります。以下のステップに従って、標準のレポートウィザードを使用してGoogle Cloud Storage への変更を反映するインタラクティブなレポートを作成します。

  1. グローバルヘッダーで、[New]->[Data Model]をクリックします。
  2. Diagram タブでメニューからSQL クエリを選択します。
  3. クエリの名前を入力し、[Data Source]メニューで、作成したGoogle Cloud Storage JDBC データを選択します。
  4. 標準のSQL を選択し、以下のようなクエリを入力します。 SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = 'TestBucket'
  5. [View Data]をクリックし、レポートの作成に使用するサンプルデータを生成します。
  6. サンプルデータに含める行数を選択し、[View]をクリックして[Save As Sample Data]をクリックします。
  7. [Create Report]->[Use Data Model]とクリックします。
  8. [Guide Me]を選択し、[Select Layout]ページで含めるレポートオブジェクトを選択します。この例では、[Chart]と[Table]を選択します。
  9. OwnerId のような数値列をy 軸の[Drop Value Here]ボックスにドロップします。Name のようなディメンション列をx 軸の[Drop Label Here]ボックスにドロップします。
  10. [Refresh]をクリックしてGoogle Cloud Storage への変更を取得します。