Oracle Data Integrator でGoogle Cloud Storage をETL

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



この記事では、Oracle Data Integrator を使用してGoogle Cloud Storage をデータウェアハウスに転送する方法を説明します。

JDBC 標準を使用してconnectをGoogle Cloud Storage に接続することにより、基準のスキルを活用します。 Oracle Data Integrator (ODI) ののようなETL ツールへのドロップイン統合により、CData JDBC Driver for Google Cloud Storage は、リアルタイムGoogle Cloud Storage をデータウェアハウスやビジネスインテリジェンス、Big Data テクノロジーに接続します。

JDBC 接続により、ODI の他のデータベースと同じようにGoogle Cloud Storage を操作できます。RDBMS と同様に、フラットファイルを操作する代わりに、ドライバーを使用してGoogle Cloud Storage API にリアルタイムで直接接続できます。

この記事では、JDBC ベースのGoogle Cloud Storage データのETL からOracle へのロードまでについてを説明します。Google Cloud Storage エンティティのデータモデルをリバースエンジニアリングした後、マッピングを作成し、データ読み込み戦略を選択します。ドライバーはSQL-92 をサポートしているため、この最後のステップは、組み込みのSQL からSQL Loading Knowledge Module をセンタすることで簡単に実行できます。

ドライバーをインストール

ドライバーをインストールするには、インストールフォルダにあるドライバーJAR を.lic ファイルをODI userlib ディレクトリにコピーします。

Unix: ~/.odi/oracledi/userlib Windows %APPDATA%\Roaming\odi\oracledi\userlib

ODI を再起動してインストールを完了します。

モデルのリバースエンジニアリング

モデルをリバースエンジニアリングすると、Google Cloud Storage のドライバーのリレーショナルビューに関するメタデータが取得されます。リバースエンジニアリング後、リアルタイムのGoogle Cloud Storage をクエリし、Google Cloud Storage テーブルに基づいてマッピングを作成できます。

  1. ODI でリポジトリに接続し、[New]->[Model and Topology Objects]とクリックします。
  2. 表示されるダイアログの[Model]画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:GoogleCloudStorage を入力します。
    • Technology:Generic SQL を選択します。(ODI がVersion 12.2+ の場合は、Microsoft SQL ServerW選択します。)
    • Logical Schema:GoogleCloudStorage を入力します。
    • Context:[Global]を選択します。
  3. 表示されるダイアログの[Data Server]画面で、以下の情報を入力します。
    • Name:GoogleCloudStorage を入力します。
    • Driver List:Oracle JDBC Driver を選択します。
    • Driver:cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver と入力します。
    • URL:接続文字列を含むJDBC URL を入力します。

      ユーザーアカウントでの認証

      ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

      接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

      サービスアカウントでの認証

      サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

      このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

      • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
      • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
      • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
      • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
      • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
      • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
      • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
      • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

      これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

      ビルトイン接続文字列デザイナ

      JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      以下は一般的な接続文字列です。

      jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  4. [Physical Schema]画面で、以下の情報を入力します。
    • Schema (Schema):GoogleCloudStorage を入力します。
    • Schema (Work Schema):GoogleCloudStorage を入力します。
  5. 開いたモデルで、[Reverse Engineer]をクリックしてGoogle Cloud Storage テーブルのメタデータを取得します。

Google Cloud Storage データの編集・保存

リバースエンジニアリング後、ODI でGoogle Cloud Storage を操作できるようになります。 Google Cloud Storage を表示するには、Designer ナビゲーターでモデルアコーディオンを展開し、テーブルを右クリックして[View data]をクリックします。

ETL プロジェクトの作成

以下のステップに従って、Google Cloud Storage からETL を作成します。Buckets エンティティをODI Getting Started VM に含まれているサンプルデータウェアハウスにロードします。

  1. SQL Developer を開き、Oracle データベースに接続します。[Connections]ペインでデータベースのノードを右クリックし、[New SQL Worksheet]をクリックします。

    もしくは、SQLPlus を使用することもできます。コマンドプロンプトから、以下のように入力します。

    sqlplus / as sysdba
  2. 以下のクエリを入力し、ODI_DEMO スキーマにあるサンプルデータウェアハウスに新しいターゲットテーブルを作成します。以下のクエリは、Google Cloud Storage のBuckets テーブルに一致するいくつかのカラムを定義します。 CREATE TABLE ODI_DEMO.TRG_BUCKETS (OWNERID NUMBER(20,0),Name VARCHAR2(255));
  3. ODI でDesigner ナビゲーターのModels アコーディオンを展開し、ODI_DEMO フォルダのSales Administration ノードをダブルクリックします。Model Editor でモデルが開きます。
  4. [Reverse Engineer]をクリックします。TRG_BUCKETS テーブルがモデルに追加されます。
  5. プロジェクトの[Mappings]ノードを右クリックし、[New Mapping]をクリックします。マッピングの名前を入力し、[Create Empty Dataset]オプションを無効にします。[Mapping Editor]が表示されます。
  6. TRG_BUCKETS テーブルをSales Administration モデルからマッピングにドラッグします。
  7. Buckets テーブルをGoogle Cloud Storage モデルからマッピングにドラッグします。
  8. ソースコネクタポイントをクリックしてターゲットコネクタポイントにドラッグします。[Attribute Matching]ダイアログが表示されます。ここでは、デフォルトオプションを使用します。その場合、目的の動作はターゲットカラムのプロパティに表示されます。
  9. Mapping Editor の[Physical]タブを開き、TARGET_GROUP のBUCKETS_AP をクリックします。
  10. BUCKETS_AP プロパティで、[Loading Knowledge Module]タブの[LKM SQL to SQL (Built-In)]を選択します。

これで、マッピングを実行してGoogle Cloud Storage をOracle にロードできます。