SpagoBI でGoogle Cloud Storage に連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Google Cloud Storage JDBC Driver

Google Cloud Storage データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



SpagoBI Studio でライブGoogle Cloud Storage にフィーチャーしたレポートを作成します。ホストのGoogle Cloud Storage はSpagoBI サーバーを報告します。

CData JDBC Driver for Google Cloud Storage はJDBC 標準をサポートするビジネスインテリジェンスおよびデータマイニングツールからライブGoogle Cloud Storage に接続することを可能にします。この記事では、Google Cloud Storage をSpagoBI Studio のレポートに統合し、SpagoBI サーバーでホストする方法を説明します。

SpagoBI サーバーのJDBC ドライバーをデプロイ

以下のステップに従ってSpagoBI サーバーでJDBC data source for Google Cloud Storage を作成します。

  1. ドライバーJAR を%CATALINA_BASE%/lib にコピーします。これらのファイルは、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  2. Google Cloud Storage ドライバーリソースをコンテクストに追加します。以下のリソース定義をserver.xml の[GlobalNamingResources]要素に追加できます。 <Resource name="jdbc/googlecloudstorage" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverclassname="cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" maxactive="20" maxidle="10" maxwait="-1"/>

  3. 以下のリソースリンクを追加し、Web アプリケーションへのアクセスを許可します。この記事では、SpagoBI のMETA-INF\context.xml に次の行を追加します。 <ResourceLink global="jdbc/googlecloudstorage" name="jdbc/googlecloudstorage" type="javax.sql.DataSource"/>
  4. サーバーを再起動します。

SpagoBI サーバーのリソースにドライバーを追加した後、データソースを追加します。SpagoBIで[Resources]->[Data Source]->[Add]と進み、以下の情報を入力します。

  • Label:ドライバーに独特の識別子を入力します。
  • Description:ドライバーにディスクリプションを入力します。
  • Dialect:デフォルトの方言を選択します。
  • Read Only:読み取り専用オプションを選択します。このオプションは、データソースがエンドユーザーによって作成された、データセットを保存するためのデフォルトデータベースであるかどうかを決定します。
  • Type:[JDBC]を選択します。
  • URL:
  • 必要な接続文字列プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    ユーザーアカウントでの認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定することなく接続できます。InitiateOAuth をGETANDREFRESH に設定したら、接続の準備が完了です。

    接続すると、Google Cloud Storage OAuth エンドポイントがデフォルトブラウザで開きます。ログインして権限を付与すると、OAuth プロセスが完了します。

    サービスアカウントでの認証

    サービスアカウントには、ブラウザでユーザー認証を行わないサイレント認証があります。サービスアカウントを使用して、企業全体のアクセススコープを委任することもできます。

    このフローでは、OAuth アプリケーションを作成する必要があります。詳しくは、ヘルプドキュメントを参照してください。以下の接続プロパティを設定したら、接続の準備が完了です:

    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
    • OAuthJWTCertType: PFXFILE に設定。
    • OAuthJWTCert: 生成した.p12 ファイルへのパスに設定。
    • OAuthJWTCertPassword: .p12 ファイルのパスワードに設定。
    • OAuthJWTCertSubject: 証明書ストアの最初の証明書が選ばれるように"*" に設定。
    • OAuthJWTIssuer: [サービスアカウント]セクションで[サービスアカウントの管理]をクリックし、このフィールドをサービスアカウントID フィールドに表示されているE メールアドレスに設定。
    • OAuthJWTSubject: サブジェクトタイプが"enterprise" に設定されている場合はエンタープライズID に設定し、"user" に設定されている場合はアプリユーザーID に設定。
    • ProjectId: 接続するプロジェクトのID に設定。

    これで、サービスアカウントのOAuth フローが完了します。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、Google Cloud Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  • Driver:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver を入力します。

SpagoBI Studio でレポートを作成

以下のステップに従い、SpagoBI StudioでGoogle Cloud Storage に基づいたレポートを作成します。SQL クエリの結果をチャートに挿入するデータセットを作成します。次のセクションでは、このレポートをSpagoBI サーバーでホストします。

初めに、SpagoBI Studio のレポートからGoogle Cloud Storage に接続してください。

  1. SpagoBI Studio で、[File]->[New]->[Project]とクリックしていき、[Business Intelligence and Reporting Tools]フォルダで[Report Project]を選択します。
  2. [File]->[New]->[Report]と進み、[Blank Report]を選択します。
  3. [Data Explorer]ビューで[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [JDBC Data Source]を選択し、データソース名を入力します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、[Add]をクリックしてドライバーJAR(cdata.jdbc.googlecloudstorage.jar) を追加します。
  6. ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  7. [Driver Class]メニューでドライバークラス(cdata.jdbc.googlecloudstorage.GoogleCloudStorageDriver)を選択します。
  8. [Database URL]ボックスに、[JDBC URL]を入力します。以下は一般的な接続文字列です。 jdbc:googlecloudstorage:ProjectId='project1';InitiateOAuth=GETANDREFRESH 必要な接続プロパティを取得するためのガイドについては、ドライバーヘルプの[Getting Started]チャプターを見てください。

Google Cloud Storage に接続した後、SQL クエリの結果を含むデータセットを作成します。

  1. [DataSet]フォルダを右クリックし、[New Data Set]をクリックします。JDBC data source for Google Cloud Storage を選択し、データセットの名称を入力します。
  2. SQL クエリを構築します。ここでは、このクエリを使用してダッシュボードにチャートを追加します。例: SELECT Name, OwnerId FROM Buckets WHERE Name = 'TestBucket'

データセットを使用して、レポートオブジェクトにデータを入力できます。以下のステップに従って、チャートを作成します。

  1. [Palette]ビューで、チャートをキャンバスにドラッグします。
  2. [Select Chart Type]タブで棒グラフを選択します。
  3. [Select Data]タブで[Use Data From]オプションをクリックし、メニューからGoogle Cloud Storage データセットを選択します。
  4. Name をテーブルからx 軸の系列にドラッグします。
  5. OwnerId をテーブルからy 軸の系列にドラッグします。

SpagoBI サーバーに関するホストGoogle Cloud Storage レポート

以下のステップに従って、SpagoBI サーバーでライブGoogle Cloud Storage に基づいてドキュメントをホストできます。前のセクションで作成したレポートをテンプレートとして使用します。レポートユーザーがライブデータにアクセスできるようにするには、サーバー上のGoogle Cloud Storage JDBC データソースに置き換えられるプレースホルダパラメータを作成します。

  1. 未実行の場合、SpagoBI Studio で[Report Design]パースペクティブで開きます。
  2. [Data Explorer]ビューで[Report Parameters]フォルダを右クリックし、[New Parameter]をクリックします。url パラメータを追加し、それに空の値を割り当てます。このパラメータはSpagoBI サーバー上のJDBC データソースのプレースホルダです。
  3. Google Cloud Storage データソースを右クリックし、[Edit]をクリックします。
  4. [Property Binding]ノードで、JDBC Driver のURL バインディングプロパティurl パラメータに設定します。プロパティのボックスをクリックします。[Category]セクションで[Report Parameters]を選択します。[Subcategory]セクションで[All]を選択し、パラメータをダブルクリックします。

    JavaScript構文に以下のように入力することもできます。

    params["url"].value

続いて、SpagoBI サーバーでレポート用の新しいドキュメントを作成します。

  1. SpagoBI サーバーで、[Documents Development]->[Create Document]->[Generic Document]と進みます。[Document Details]ページが表示されます。
  2. 以下の情報を入力し、ドキュメントを作成します。
    • Label:ドキュメントに独自の識別子を入力します。
    • Name:ドキュメントのわかりやすい名前を入力します。
    • Type:メニューから[Report]を選択します。
    • Engine:[BIRT Report Engine]を選択します。
    • Data Source:SpagoBI サーバーのCreate a JDBC Data Source for Google Cloud Storage で作成したGoogle Cloud Storage Data Source を選択します。
  3. [Show Document Templates]セクションで、ドキュメントを格納したいフォルダを選択します。
  4. [Template]セクションで、[Choose File]をクリックします。レポートプロジェクトを含むフォルダに移動します。.rptdesign ファイルを選択します。

    Noteプロジェクトへのパスは、プロジェクトプロパティで確認できます。

  5. [Save]ボタンをクリックします。

サーバーでレポートを実行すると、プレースホルダurl パラメータがサーバーで定義されたJDBC URL に置き換えられます。