製品をチェック

Google Data Catalog Data Provider の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Google Data Catalog アイコン Google Data Catalog ADO.NET Provider 相談したい

Google Data Catalog データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

PowerBuilder からGoogle Data Catalog データに接続してみた

この記事ではCData ADO.NET Provider を使ってPowerBuilder からGoogle Data Catalog にアクセスする方法を説明します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2021-06-28
googledatacatalog ロゴ

CData

ado ロゴ画像
PowerBuilder ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for GoogleDataCatalog をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for GoogleDataCatalog を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    ProjectId=YourProjectId;InitiateOAuth=GETANDREFRESH

    Google Data Catalog 接続プロパティの取得・設定方法

    認証プロパティを追加する前に、次の接続プロパティを設定してください。

    • OrganizationId:接続するGoogle Cloud Platform の組織リソースに関連付けられたID。これはGCP コンソールに移動して確認してください。 「プロジェクト」ドロップダウンメニューを開き、リストから組織へのリンクをクリックします。このページから組織ID を取得できます。
    • ProjectId:接続するGCP のプロジェクトリソースに関連付けられたID。GCP コンソールのダッシュボードに移動し、「プロジェクトを選択」のメニューからお好みのプロジェクトを選択して確認してください。プロジェクトID は、「プロジェクト情報」項目に表示されます。

    Google Data Catalog への認証

    CData 製品は、認証にユーザーアカウント、サービスアカウント、およびGCP インスタンスアカウントの使用をサポートします。

    OAuth の設定方法については、ヘルプドキュメントの「OAuth」セクションを参照してください。

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=Id}" Header="Id" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=Type}" Header="Type" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for GoogleDataCatalog アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.GoogleDataCatalog.GoogleDataCatalogConnection conn conn = create System.Data.CData.GoogleDataCatalog.GoogleDataCatalogConnection(connectionString) System.Data.CData.GoogleDataCatalog.GoogleDataCatalogCommand comm comm = create System.Data.CData.GoogleDataCatalog.GoogleDataCatalogCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.GoogleDataCatalog.GoogleDataCatalogDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.GoogleDataCatalog.GoogleDataCatalogDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。