製品をチェック

IBM Cloud Object Storage Data Provider の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage ADO.NET Provider 相談したい

IBM Cloud Object Storage データに連携する.NET アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

IBM Cloud Object Storage とのデータ連携ができるMVC アプリケーションの作成

この記事では、IBM Cloud Object Storage にデータ接続して、MVC Web アプリケーションでクエリを実行する方法を説明します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2021-03-17
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

ado ロゴ画像
Entity Framework ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。



この記事では、Visual Studio のウィザードを使って簡単なMVC(モデル・ビュー・コントローラ)プロジェクトを作成し、Entity Framework のメソッドを使うIBM Cloud Object Storage にcreate, read, update, delete (CRUD) コマンドクエリを実行する方法を説明します。

Entity Framework Model の作成

下記の手順に従って接続プロパティを保存し、データモデルのエンティティにテーブルをマップします。

  1. Entity Framework 6 をお使いの場合は、あらかじめプロジェクトに IBM Cloud Object Storage Entity Framework プロバイダーを登録してください。詳しくは、ヘルプドキュメントの「LINQ およびEntity Framework」をご参照ください。
  2. Visual Studio で新規MVC プロジェクトを作成[Internet Application]テンプレート、[Razor]ビューエンジンを選択します。この例では、プロジェクト名はMvcIBMCloudObjectStorageApp です。
  3. デザイナーから.edmx ファイルを追加するには、[プロジェクト]>[新しい項目の追加]をクリックします。ADO.NET Entity Data Model を選択してモデルに名前を付けたら[追加]をクリックします。この例では、モデル名はIBMCloudObjectStorageModel です。
  4. [Entity Data Model]ウィザードで、[EF Designer from database]オプションを選択します。[Entity Data Model]ウィザードが表示されます。
  5. [New Connection]をクリックします。ダイアログが表示されたらCData IBM Cloud Object Storage データソースを選択します。
  6. 必要な接続文字列プロパティを指定します。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

    一般的な接続文字列は次のとおりです。

    ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret; The connection for the model. (QuickBooks is shown.)
  7. 接続に名前を付け、資格情報などのセンシティブ情報を接続文字列に含めるかどうかを選択します。簡略化のため、この例ではセンシティブ情報をWeb.config に保存しています。

    The completed connection step in the ADO.NET Entity Data Model wizard. (A QuickBooks connection is shown.)
  8. 必要なテーブルおよびビューを選択します。ここでは、Objects をインポートしています。また、オブジェクト名を複数形に変換するオプションは、チェックをはずしています。[Finish]をクリックして.edmx ファイルを作成します。Tables to be imported into the .edmx file. (QuickBooks is shown.)
  9. プロジェクトをビルドして完成です。

コントローラーの作成およびメソッドとビューの生成

モデルの作成とプロジェクトのビルドが終わったら、以下の手順に従ってコントローラー、ビュー、および関連するCRUD メソッドを作成できます。 Objects テーブルに許可されたすべてのアクションのビューは、[Views]フォルダ内のObjects サブフォルダに.cshtml ファイルとして格納されます。

[ソリューション エクスプローラー]で[Controllers]フォルダを右クリックし、[追加]>[コントローラー]をクリックします。コントローラーにIBMCloudObjectStorageController のような名前を付け、以下のオプションを設定します。

  • Template:次のオプションを選択します:'Controller with read/write actions, using Entity Framework'.
  • Model class:Objects を選択。
  • Data context class:IBMCloudObjectStorageEntities を選択。
Creating a new Controller from an existing entity data model in the Add Controller dialog. (QuickBooks is shown.)

これで、プロジェクトを実行できます。[Index]ビューにアクセスするには、"IBMCloudObjectStorage" をURL に追加します。

The Index view of the example MVC Web application. (QuickBooks is shown.)

一からコントローラーを作成

このセクションでは、ほんの数行のコードでCRUD コマンドクエリをインプリメントする方法について説明します。利用可能なウィザードは、各ステップで詳しく説明します。

このチュートリアルを始める前に、エンティティデータモデルを作成しておいてください。IBM Cloud Object Storage へのコマンドを実行するために、コンテキストクラスのメソッドを使用していきます。[Entity Framework Data Model]ウィザードを使ってモデルを作成する方法については、前のセクションをご参照ください。 — これはモデルファーストアプローチです。 コードファーストアプローチの利用に関する詳細は、ヘルプドキュメントの「LINQ およびEntity Framework」をご参照ください。

  1. 次の例のIBMCloudObjectStorageController のようにコントローラーを手動で作成するには、[ソリューション エクスプローラー]で[Controllers]フォルダを右クリックし、[追加]>[コントローラー]をクリックします。
  2. [Add Controller]ダイアログが表示されたら、[Template]メニューから'Controller with empty read/write actions' オプションを選択します。[Controller]フォルダ内にIBMCloudObjectStorageController.cs が作成されます。
The Add Controller dialog with the selected template, Controller with empty read/write actions. (QuickBooks is shown.)

コンテキストの作成

以下のコードを追加し、コンテキストクラスをクラス変数としてインスタンスを生成します。この簡単な例では、コントローラーはコンテキストクラスのメソッドを直接呼び出してCRUD コマンドを実行します。

private IBMCloudObjectStorageEntities db = new IBMCloudObjectStorageEntities();

IBM Cloud Object Storage データエンティティの取得

レコードのリストをビューに表示するには、Index メソッドを以下のように書き換えます。このコードは、コンテキストクラスのToList() メソッドを呼び出して、レコードテーブルを表示するビューを返します。デフォルトでは、Index メソッドは空のビューを返します。

public ActionResult Index() { return View(db.Objects.ToList()); }

ビューを作成するには、Index メソッド内を右クリックし、[Add View]をクリックします。ウィザードが表示されたら新しいビューIndex.cshtml を作成します。作成されたビューは[Views]フォルダに格納されます。このビューをロードするには、.cshtml ファイルを右クリックして[View In Page Inspector]をクリックします。

[Add View]ダイアログでビューに名前を付け、以下のオプションを設定します:

  • Create a strongly typed view:このオプションを選択し、Objects タイプのビューを作成。
  • Model class:Objects エンティティ、Objects を選択。
  • Scaffold template:[List]を選択。このメニューオプションは、エンティティを表示するHTML テーブルを生成します。
Settings for an Index view. (QuickBooks is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。