製品をチェック

IBM Cloud Object Storage Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

IBM Cloud Object Storage アイコン IBM Cloud Object Storage JDBC Driver 相談したい

IBM Cloud Object Storage データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

SpagoBI でIBM Cloud Object Storage に連携

SpagoBI Studio でリアルタイムIBM Cloud Object Storage にフィーチャーしたレポートを作成します。ホストのIBM Cloud Object Storage はSpagoBI サーバーを報告します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2022-06-13
ibmcloudobjectstorage ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Spago BI ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

CData JDBC Driver for IBMCloudObjectStorage はJDBC 標準をサポートするビジネスインテリジェンスおよびデータマイニングツールからリアルタイムIBM Cloud Object Storage に接続することを可能にします。この記事では、IBM Cloud Object Storage をSpagoBI Studio のレポートに統合し、SpagoBI サーバーでホストする方法を説明します。

SpagoBI サーバーのJDBC ドライバーをデプロイ

以下のステップに従ってSpagoBI サーバーでJDBC data source for IBMCloudObjectStorage を作成します。

  1. ドライバーJAR を%CATALINA_BASE%/lib にコピーします。これらのファイルは、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  2. IBM Cloud Object Storage ドライバーリソースをコンテクストに追加します。以下のリソース定義をserver.xml の[GlobalNamingResources]要素に追加できます。 <Resource name="jdbc/ibmcloudobjectstorage" auth="Container" type="javax.sql.DataSource" driverclassname="cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver" factory="org.apache.tomcat.jdbc.pool.DataSourceFactory" maxactive="20" maxidle="10" maxwait="-1"/>

  3. 以下のリソースリンクを追加し、Web アプリケーションへのアクセスを許可します。この記事では、SpagoBI のMETA-INF\context.xml に次の行を追加します。 <ResourceLink global="jdbc/ibmcloudobjectstorage" name="jdbc/ibmcloudobjectstorage" type="javax.sql.DataSource"/>
  4. サーバーを再起動します。

SpagoBI サーバーのリソースにドライバーを追加した後、データソースを追加します。SpagoBIで[Resources]->[Data Source]->[Add]と進み、以下の情報を入力します。

  • Label:ドライバーに独特の識別子を入力します。
  • Description:ドライバーにディスクリプションを入力します。
  • Dialect:デフォルトの方言を選択します。
  • Read Only:読み取り専用オプションを選択します。このオプションは、データソースがエンドユーザーによって作成された、データセットを保存するためのデフォルトデータベースであるかどうかを決定します。
  • Type:[JDBC]を選択します。
  • URL:
  • 必要な接続文字列プロパティを使用してJDBC URLを入力します。

    Cloud Object Storage 接続プロパティの取得・設定方法

    Cloud Object Storage に接続する前に、Cloud Object Storage インスタンスを登録してCloud Object Storage API キーとCRN を取得していきます。

    Cloud Object Storage の新規インスタンスの登録

    IBM Cloud アカウントにCloud Object Storage がまだない場合は、以下の手順に従ってアカウントにSQL Query のインスタンスをインストールできます。

    1. IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. Cloud Object Storage ページに移動して、インスタンス名を指定して「作成」をクリックします。Cloud Object Storage の新規インスタンスにリダイレクトされます。

    API キー

    API キーは以下の手順で取得できます。

    1. まずは、IBM Cloud アカウントにログインします。
    2. API キーページに移動します。
    3. 中央右隅のIBM Cloud APIキーの作成 をクリックして、新しいAPI キーを作成します。
    4. ポップアップウィンドウが表示されたら、API キーの名前を指定して作成をクリックします。ダッシュボードからはアクセスできなくなるため、API Key を控えておきましょう。

    Cloud Object Storage CRN

    デフォルトでは、CData 製品はCloud Object Storage CRN を自動で取得します。ただし、複数のアカウントがある場合は、CloudObjectStorageCRN を明示的に指定する必要があります。この値は、次の2つの方法で取得できます。

    • Services ビューをクエリする。これにより、IBM Cloud Object Storage インスタンスとそれぞれのCRN がリストされます。
    • IBM Cloud で直接CRN を見つける。これを行うには、IBM Cloud のダッシュボードに移動します。リソースリストで、ストレージからCloud Object Storage リソースを選択してCRN を取得します。

    IBM Cloud Object Storage への接続

    これで準備は完了です。以下の接続プロパティを設定してください。

    • InitiateOAuthGETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使うと、OAuth 認証を繰り返す必要がなく、さらに自動でアクセストークンを設定できます。
    • ApiKey:セットアップ中に控えたAPI キーを指定。
    • CloudObjectStorageCRN(オプション):控えておいたCloud Object Storage のCRN に設定。Cloud Object Storage アカウントが複数ある場合のみ設定する必要があります。

    プロパティを設定したら、これで接続設定は完了です。

    ビルトイン接続文字列デザイナ

    JDBC URL の構成については、IBM Cloud Object Storage JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    Using the built-in connection string designer to generate a JDBC URL (Salesforce is shown.)

    以下は一般的なJDBC URL です。

    jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret;
  • Driver:ドライバーのクラス名にcdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver を入力します。
The configuration for the IBM Cloud Object Storage JDBC data source.(Salesforce is shown.)

SpagoBI Studio でレポートを作成

以下のステップに従い、SpagoBI StudioでIBM Cloud Object Storage に基づいたレポートを作成します。SQL クエリの結果をチャートに挿入するデータセットを作成します。次のセクションでは、このレポートをSpagoBI サーバーでホストします。

初めに、SpagoBI Studio のレポートからIBM Cloud Object Storage に接続してください。

  1. SpagoBI Studio で、[File]->[New]->[Project]とクリックしていき、[Business Intelligence and Reporting Tools]フォルダで[Report Project]を選択します。
  2. [File]->[New]->[Report]と進み、[Blank Report]を選択します。
  3. [Data Explorer]ビューで[Data Sources]を右クリックし、[New Data Source]をクリックします。
  4. [JDBC Data Source]を選択し、データソース名を入力します。
  5. [Manage Drivers]をクリックし、[Add]をクリックしてドライバーJAR(cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.jar) を追加します。
  6. ドライバーJAR は、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。
  7. [Driver Class]メニューでドライバークラス(cdata.jdbc.ibmcloudobjectstorage.IBMCloudObjectStorageDriver)を選択します。
  8. [Database URL]ボックスに、[JDBC URL]を入力します。以下は一般的な接続文字列です。 jdbc:ibmcloudobjectstorage:ApiKey=myApiKey;CloudObjectStorageCRN=MyInstanceCRN;Region=myRegion;OAuthClientId=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=myOAuthClientSecret; 必要な接続プロパティを取得するためのガイドについては、ドライバーヘルプの[Getting Started]チャプターを見てください。 The JDBC data source.(Salesforce is shown.)

IBM Cloud Object Storage に接続した後、SQL クエリの結果を含むデータセットを作成します。

  1. [DataSet]フォルダを右クリックし、[New Data Set]をクリックします。JDBC data source for IBMCloudObjectStorage を選択し、データセットの名称を入力します。
  2. SQL クエリを構築します。ここでは、このクエリを使用してダッシュボードにチャートを追加します。例: SELECT Key, Etag FROM Objects WHERE Bucket = 'someBucket' The query to be used to populate a chart.(Salesforce is shown.)

データセットを使用して、レポートオブジェクトにデータを入力できます。以下のステップに従って、チャートを作成します。

  1. [Palette]ビューで、チャートをキャンバスにドラッグします。
  2. [Select Chart Type]タブで棒グラフを選択します。
  3. [Select Data]タブで[Use Data From]オプションをクリックし、メニューからIBM Cloud Object Storage データセットを選択します。
  4. Key をテーブルからx 軸の系列にドラッグします。
  5. Etag をテーブルからy 軸の系列にドラッグします。 Columns in the dataset defined as the x- and y-axes for the chart.(Salesforce is shown.)

SpagoBI サーバーに関するホストIBM Cloud Object Storage レポート

以下のステップに従って、SpagoBI サーバーでリアルタイムIBM Cloud Object Storage に基づいてドキュメントをホストできます。前のセクションで作成したレポートをテンプレートとして使用します。レポートユーザーがリアルタイムデータにアクセスできるようにするには、サーバー上のIBM Cloud Object Storage JDBC データソースに置き換えられるプレースホルダパラメータを作成します。

  1. 未実行の場合、SpagoBI Studio で[Report Design]パースペクティブで開きます。
  2. [Data Explorer]ビューで[Report Parameters]フォルダを右クリックし、[New Parameter]をクリックします。url パラメータを追加し、それに空の値を割り当てます。このパラメータはSpagoBI サーバー上のJDBC データソースのプレースホルダです。
  3. IBM Cloud Object Storage データソースを右クリックし、[Edit]をクリックします。
  4. [Property Binding]ノードで、JDBC Driver のURL バインディングプロパティurl パラメータに設定します。プロパティのボックスをクリックします。[Category]セクションで[Report Parameters]を選択します。[Subcategory]セクションで[All]を選択し、パラメータをダブルクリックします。

    JavaScript構文に以下のように入力することもできます。

    params["url"].value Placeholder values in the report for the JDBC data source on the server.

続いて、SpagoBI サーバーでレポート用の新しいドキュメントを作成します。

  1. SpagoBI サーバーで、[Documents Development]->[Create Document]->[Generic Document]と進みます。[Document Details]ページが表示されます。
  2. 以下の情報を入力し、ドキュメントを作成します。
    • Label:ドキュメントに独自の識別子を入力します。
    • Name:ドキュメントのわかりやすい名前を入力します。
    • Type:メニューから[Report]を選択します。
    • Engine:[BIRT Report Engine]を選択します。
    • Data Source:SpagoBI サーバーのCreate a JDBC Data Source for IBMCloudObjectStorage で作成したIBM Cloud Object Storage Data Source を選択します。
  3. [Show Document Templates]セクションで、ドキュメントを格納したいフォルダを選択します。
  4. [Template]セクションで、[Choose File]をクリックします。レポートプロジェクトを含むフォルダに移動します。.rptdesign ファイルを選択します。

    Noteプロジェクトへのパスは、プロジェクトプロパティで確認できます。

  5. [Save]ボタンをクリックします。
The document using the report as a template.(Salesforce is shown.)

サーバーでレポートを実行すると、プレースホルダurl パラメータがサーバーで定義されたJDBC URL に置き換えられます。

The chart running on the SpagoBI Server.(Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。