IBM Cloud Object Storage データをTableau Desktop でビジュアライズ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

IBM Cloud Object Storage Tableau Connector

The fastest and easiest way to connect Tableau to IBM Cloud Object Storage data. Includes comprehensive high-performance data access, real-time integration, extensive metadata discovery, and robust SQL-92 support.



CData Tableau Connector for IBM Cloud Object Storage を使ってIBM Cloud Object Storage データをTableau Desktop でビジュアライズ。

Tableau は、企業のデータ活用による問題解決の方法を変革させるビジュアルアナリティクスプラットフォームです。Tableau にCData Tableau Connector for IBM Cloud Object Storage を組み合わせて使うことで、Tableau からシームレスにIBM Cloud Object Storage データを連携利用することができるようになります。この記事では、Tableau Desktop でIBM Cloud Object Storage データに接続してシンプルなチャートを作る方法を説明します。

CData Tableau Connectors は、Tableau でリアルタイムIBM Cloud Object Storage データへのハイスピードなデータアクセスを可能にします。 Connector をインストールして、IBM Cloud Object Storage への認証を行うだけで、すぐにレスポンシブで動的なビジュアライズやダッシュボードを作成しはじめられます。 Tabelau では、IBM Cloud Object Storage データがネイティブデータタイプでアクセス可能になり、複雑なフィルタリング、集計、他の処理を自動的に行います。

NOTE: CData Tableau Connectors の日本語版は、Tableau 2020.4 以降のバージョンで使用可能です。それより前のTableau バージョンではCData ODBC Driver for IBM Cloud Object Storage もしくは、CData JDBC Driver for IBM Cloud Object Storage を使ってIBM Cloud Object Storage に接続することができます。2020.4 より前のTableau Online からIBM Cloud Object Storage に接続するには、CData Connect を使って連携できます。

Tableau Desktop でIBM Cloud Object Storage データを連携利用する

Tableau を開き「接続」 -> 「サーバーへ」-> 「その他」とクリックし、「CData によるIBM Cloud Object Storage」をクリックします。
接続画面が開くので、接続プロパティを設定して「サインイン」をクリックして接続を確立します。

Register a New Instance of Cloud Object Storage

If you do not already have Cloud Object Storage in your IBM Cloud account, follow the procedure below to install an instance of SQL Query in your account:

  1. Log in to your IBM Cloud account.
  2. Navigate to the page, choose a name for your instance and click Create. You will be redirected to the instance of Cloud Object Storage you just created.

Connecting using OAuth Authentication

There are certain connection properties you need to set before you can connect. You can obtain these as follows:

API Key

To connect with IBM Cloud Object Storage, you need an API Key. You can obtain this as follows:

  1. Log in to your IBM Cloud account.
  2. Navigate to the Platform API Keys page.
  3. On the middle-right corner click "Create an IBM Cloud API Key" to create a new API Key.
  4. In the pop-up window, specify the API Key name and click "Create". Note the API Key as you can never access it again from the dashboard.

Cloud Object Storage CRN

If you have multiple accounts, you will need to specify the CloudObjectStorageCRN explicitly. To find the appropriate value, you can:

  • Query the Services view. This will list your IBM Cloud Object Storage instances along with the CRN for each.
  • Locate the CRN directly in IBM Cloud. To do so, navigate to your IBM Cloud Dashboard. In the Resource List, Under Storage, select your Cloud Object Storage resource to get its CRN.

Connecting to Data

You can now set the following to connect to data:

  • InitiateOAuth: Set this to GETANDREFRESH. You can use InitiateOAuth to avoid repeating the OAuth exchange and manually setting the OAuthAccessToken.
  • ApiKey: Set this to your API key which was noted during setup.
  • CloudObjectStorageCRN (Optional): Set this to the cloud object storage CRN you want to work with. While the connector attempts to retrieve this automatically, specifying this explicitly is recommended if you have more than Cloud Object Storage account.

When you connect, the connector completes the OAuth process.

  1. Extracts the access token and authenticates requests.
  2. Saves OAuth values in OAuthSettingsLocation to be persisted across connections.

Connection String での設定の場合には、スタートメニューのConnection Builder をクリック、もしくはインストールディレクトリのlib フォルダの.jar ファイルをダブルクリックしてConnection Builder を開き、プロパティを設定をすることでConnection String を取得することができます。「接続テスト」をクリックして、接続を確認します。Builder の「接続文字列」に表示された文字列をコピーしてTableau の接続画面のConnection String に貼り付けて「サインイン」をクリックして接続します。

スキーマの検出から使用データのDiscover Schemas and Query Data

  1. 「Database」のプルダウンメニューが表示された場合にはCData もしくは表示されたデータベース名で使用するものを選択します。
  2. 「Schema」のプルダウンメニューが表示された場合にはIBMCloudObjectStorage もしくは表示されたスキーマ名を選択します。
  3. 左ペインの「Table」にIBM Cloud Object Storage で使用可能なテーブルが表示されます。ビジュアライズで使うテーブルをデータセット作成エリアにドラッグ&ドロップします。複数のテーブルを選択してドロップすることが可能です。複数のテーブルを選択して、リレーションを設定することが可能です。
  4. 右上の接続モード選択で、「ライブ」もしくは「抽出」を選択します。
  5. 「今すぐ更新」もしくは「自動更新」 をクリックします。「今すぐ更新」では、はじめの10,000行を取得します。取得する行数は個別に行ボックスで設定可能です。「自動更新」ではプレビューエリアのデータが自動的に更新されます。
  6. 「ワークシート」タブをクリックします。選択したデータのカラムがデータ型によりディメンションかメジャーとしてリスト表示されています。CData Tableau Connector は、自動的にデータ型を検出してくれるので、このようにすぐにデータをビジュアライズで使うことができます。
  7. 「ディメンション」 もしくは 「メジャー」「列」 もしくは 「行」 にドラッグ&ドロップします。
  8. 「表示形式」 タブから、お好みのグラフタイプを選択します。Tableau がデータを選択したグラフタイプで表示します。

このように、CData Tableau Connector for IBM Cloud Object Storage を使うことで、Tableau で簡単にIBM Cloud Object Storage データを扱うことができます。是非、30日の無償トライアル を使って、パワフルかつシンプルなデータ連携を体感してください。