Microsoft Power BI でCData ODBC Driver for IBM Cloud SQL Query を使ってIBM Cloud SQL Query につないでみた

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

IBM Cloud SQL Query ODBC Driver

IBM Cloud SQL ODBC Driver で、ODBC 接続をサポートするあらゆるツール・アプリケーションからIBM Cloud SQL Query へのデータ連携を可能に。

IBM Cloud SQL のインタラクティブクエリサービスデータに標準ODBC 接続でDB と同感覚でアクセス。



CData ODBC Driver for IBM Cloud SQL Query を使って、IBM Cloud SQL Query へのライブ接続をMicrosoft Power BI レポートに統合できます。Power BI Designer 上のデータビジュアライゼーションにIBM Cloud SQL Query をドラッグアンドドロップするだけです。



Microsoft Windows のODBC ビルトインサポートにより、CData ODBC Drivers はMicrosoft Power BI のようなセルフサービスアナリティクスツールへのセルフサービス統合を実現します。CData ODBC Driver for IBM Cloud SQL Query はPower BI のレポートをリアルタイムIBM Cloud SQL Query データにリンクします。標準SQL を使ってIBM Cloud SQL Query をPower BI Designer にロードできます。データ更新をスケジュールまたはオンデマンドで更新することにより、IBM Cloud SQL Query をダッシュボードからモニタできます。また、IBM Cloud SQL Query をリアルタイムで反映し分析します。この記事では、ODBC driver を使ってMicrosoft Power BI Designer でIBM Cloud SQL Query ビジュアライゼーションを作成する方法について詳しく説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

データビジュアライゼーションの作成

IBM Cloud SQL Query に接続し、ビジュアライゼーションを作成して、[Editing]ビューで操作する方法は次のとおりです。

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、データソース名(DSN)で定義された接続プロパティを指定します。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    Api Key=MyAPIKey;Instance CRN=myInstanceCRN;Region=myRegion;Schema=mySchema;OAuth Client Id=myOAuthClientId;OAuth Client Secret=myOAuthClientSecret;

    DSN はビルトインのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターで設定できます。これはドライバーのインストールの最後の手順です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってDSN を作成および設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  2. Power BI Designer を起動して[データを取得]をクリックします。Power BI Designer をPowerBI.com から起動するには、[ダウンロード]ボタンをクリックしてから[Power BI Designer]をクリックします。
  3. データを取得画面で、カテゴリ[その他]から[ODBC]を選択して、[接続]を押します。
  4. ODBC からインポート画面で、データソース名(DSN)をドロップダウンで選択します。[CData IBMCloudSQLQuery Source / Sys]という形です。選択したら[OK]を押します。SQL を使ってデータをインポートしたい場合は[詳細設定オプション]をクリックして、SQL ステートメントを入力します。
  5. ODBC ドライバー画面で、ユーザー名、パスワードを求められた場合には、それぞれを入力します。
  6. [ナビゲーター]ダイアログを使って1つ以上のテーブルを視覚的にインポートすることができます。プレビューを見ながらテーブルを選択して[読み込み]を行います。
  7. データがインポートされます。複数のデータをインポートした場合には、テーブルにリレーションを設定することができます。
  8. ビジュアライゼーションを作成するには、[フィールド]リストからレポートペインにフィールドをドラッグします。例えば、棒グラフを作成するにはJobs テーブルからId をクリックするだけです。Power BI Designer は適切なカラムを値として選択します:

    [視覚化]の一つをクリックすることで、ビジュアライゼーションを変更できます。

    ハイライトおよびフィルタリングの両方を使ってデータにフォーカスできます。フィルタリングは、フォーカスされていないデータをビジュアライゼーションから外します;ハイライトはフォーカスされていないデータをぼかします。 フィールドをクリックすることでハイライトできます:

    ビューフィルタはページ内のすべてのビジュアライゼーションに適用できます。レポート編集中に[フィールド]および[フィルター]ペインからビューフィルタを適用できます:フィールドを選択して[フィルター]にドラッグします。フィールドの値でフィルタするには、値の一つを選択します。

[更新]をクリックしてデータの変更点をレポートに同期します。

IBM Cloud SQL Query データを使ったレポートをPower BI にアップロード

ODBC データソースベースのレポートを、組織内のPowerBI ユーザーと共有できます。ダッシュボードまたはレポートをアップロードするには、PowerBI.com にログインして[Get Data]>[Files]をクリックし、Power BI Designer ファイルまたはExcel ワークブックにナビゲートします。これで[Reports]セクションでレポートを見たり編集したりできます。

スケジュールおよびオンデマンドで更新

Power BI Personal Gateway を使って、レポートに関連づけられたデータセットを自動的に更新できます。 オンデマンドでもデータセットを更新できます。Personal Gateway をインストールしたら、手順に従いPersonal Gateway ODBC DSN を設定します:

  1. まだの場合はPower BI にログインします。
  2. [Dataset]セクションでIBM Cloud SQL Query Dataset を右クリックします。
  3. [Schedule Refresh]をクリックします。
  4. データセットの[Settings]セクションで[Manage Data Sources]ノードを展開します。[ODBC]セクションで[Edit]をクリックします。
  5. [Authentication Method]メニューで[Anonymous]を選択します。IBM Cloud SQL Query クレデンシャルがDSN にすでに保存されているためです。

Personal Gateway を設定したら、オンデマンド更新および更新をスケジュールできます。

更新をスケジュールするには、[Schedule Refresh]ノードを開して[Keep Your Data Up-To-Date]オプションで[Yes]を選択します。更新の間隔を指定してから[Apply]をクリックします。

オンデマンドで更新するには、[Datasets]セクションでIBM Cloud SQL Query dataset を右クリックし[Refresh Now]をクリックします。