製品をチェック

Impala Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 30日間の無償トライアルへ

製品の詳細

Apache Impala アイコン Impala JDBC Driver 相談したい

Impala に連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。

Aqua Data Studio からImpala データに連携

Impala データにAqua Data Studio のVisual Query Builder やTable Data Editor からデータ連携。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-08-10
impala ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Aqua Data Studio ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData JDBC Driver for ApacheImpala は、Aqua Data Studio のようなIDE のウィザード・アナリティクスにImpala データを統合します。本記事では、Impala データをコネクションマネージャーに接続してクエリを実行する手順を説明します。

JDBC Data Source の設定

コネクションマネージャーで、新しいJDBC データソースとして、接続プロパティ設定を行い、保存します。Impala データがAqua Data Studio ツールから使えるようになります。

  1. Aqua Data Studio で、Server メニューから Register Server を選択します。
  2. Register Server フォームで、 'Generic - JDBC' コネクションを選びます。
  3. 次のJDBC 接続プロパティを設定します:
    • Name:任意の名前、データソースの名前など。
    • Driver Location:Browse ボタンをクリックして、インストールディレクトリのlib フォルダの cdata.jdbc.apacheimpala.jar ファイルを選択します。
    • Driver:クラス名に cdata.jdbc.apacheimpala.ApacheImpalaDriver を入力。
    • URL:jdbc:apacheimpala: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。接続プロパティの詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。一般的な接続文字列は:

      jdbc:apacheimpala:Server=127.0.0.1;Port=21050;
    The JDBC data source, defined by the JAR path, driver class, and JDBC URL.(QuickBooks is shown.)
  4. Apache Impala に接続するには、ServerPort、およびProtocolVersion を設定してください。オプションでデフォルトのDatabase を指定することもできます。 NOSASL、LDAP、またはKerberos といった別の方法で接続するには、オンラインのヘルプドキュメントを参照してください。

Impala データにクエリを実行

接続したテーブルにクエリを実行してみます。

A query executed in the Table Data Editor.(QuickBooks is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。