PowerPivotでJira Service Desk データを連携して取得し分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Jira Service Desk ODBC Driver

Jira Service Desk ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからJira Service Desk にデータ連携。

Jira Service Desk データにデータベースと同感覚でアクセスして、Jira Service Desk データに使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



この記事では、PowerPivotからCData ODBC Driver for Jira Service Desk を使う方法を説明します。[Table Import Wizard]を使ってJira Service Desk データをロードします。インポートに使うクエリをビジュアルに作成、あるいはドライバーがサポートするSQL を使って作成できます。



ODBC プロトコルは多くのBusiness Intelligence (BI) および帳票ツールで異なるデータベースのデータにアクセスするために使われています。CData ODBC Drive を使って、簡単にJira Service Desk をデータ連携できます。この記事では、CData Driver for Jira Service Desk を使ってPowerPivot にデータをインポートします。

Jira Service Desk データに接続

下記の手順に従って、PowerPivot からJira Service Desk に接続します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    ApiKey=myApiKey;User=MyUser;

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

  2. Excel で[PowerPivot]タブの[管理]アイコンをクリックしてPowerPivot を開きます。
  3. [外部データソースの取り込み]から[その他のソース]ボタンをクリックします。

  4. OLEDB/ODBC ソースオプションを選択して、[次へ]をクリックします。
  5. [ビルド]をクリックして[データリンクプロパティ]ダイアログを開きます。このダイアログでは、DSN に基づいて自動的に接続文字列がビルドされます。
  6. [プロバイダー]タブで[Microsoft OLEDB Provider for ODBC Drivers]オプションを選択します。
  7. [接続]タブで[データソース名を使用する]オプションを選択して、メニューからJira Service Desk DSN を選択します。CData Jira Service Desk Source DSN はインストール時に作成されます。

Jira Service Desk データをインポート

下記の手順に従って、ウィザードを使ってJira Service Desk のテーブルからデータをロードします。Jira Service Desk のカラムをウィザードを使って選択、フィルタ、およびソートすると、PowerPivot は実行されるクエリを生成します。

  1. [テーブルのインポートウィザード]でDSN を選択してから、[テーブルとビューの一覧から選択し、インポートするデータを選択する]オプションを選択すると、Jira Service Desk で利用できるテーブルとビューのリストを見ることができます。

  2. [プレビューとフィルター]をクリックして特定のカラムを選択、データをソート、およびフィルタをカラム値に基づいて視覚的にビルドします。

カスタムクエリインポート

インポートするテーブルを選ぶ以外に、特定のカラムをインポートするクエリの指定やフィルタの定義もできます。ドライバーは元になるJira Service Desk API に相当する、シンプルで直観的なSQL ダイアレクトをサポートします。

  1. [テーブルのインポートウィザード]でDSN を選択してから、[インポートするデータを指定するクエリを記述する]オプションを選択してクエリを書きます。
  2. [SQL ステートメント]ボックスにクエリを入れます。 [検証]をクリックしてクエリステートメントが有効かどうかを確認します。 [デザイン]をクリックして結果をプレビューし、インポートする前にクエリを直します。

    WHERE 句を使ってフィルタライテリアクを指定できます。利用可能なSQL 機能の例については、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」を参照してください。

  3. ウィザードを終了して選んだクエリでデータをインポートします。