製品をチェック

kintone Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

kintone アイコン kintone JDBC Driver 相談したい

潜在顧客、連絡先、営業案件、アカウントなどのkintone アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。

ColdFusion にリアルタイムKintone データをインポートしてアプリケーションを構築

CData JDBC Driver を使ってColdFusion にKintone データをインポートして使用します。

古川えりか
コンテンツスペシャリスト

最終更新日:2023-02-02
kintone ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
ColdFusion ロゴ

こんにちは!ドライバー周りのヘルプドキュメントを担当している古川です。

Adobe ColdFusion は、Web アプリケーションおよびモバイルアプリケーション開発プラットフォームです。独自のスクリプト言語であるColdFusion Markup Language(CFML)を使用し、データドリブンなWeb サイトを作成したり、REST などのリモートサービスを生成したりすることができます。

ColdFusion とCData JDBC Driver for Kintone を組み合わせると、ColdFusion のWeb アプリケーションやモバイルアプリケーションを、運用中のKintone データにリンクできます。 これにより、アプリケーションの堅牢性と完成度を高めることができます。この記事では、JDBC ドライバーを使ってColdFusion マークアップファイルからKintone のデータを入力したテーブルを作成する方法について詳しく説明します。

最適化されたデータ処理が組み込まれたCData JDBC Driver は、リアルタイムKintone データを扱う上で高いパフォーマンスを提供します。 Kintone にSQL クエリを発行すると、CData ドライバーはフィルタや集計などのKintone 側でサポートしているSQL 操作をKintone に直接渡し、サポートされていない操作(主にSQL 関数とJOIN 操作)は組み込みSQL エンジンを利用してクライアント側で処理します。 組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブのデータ型を使ってKintone データを操作および分析できます。

Kintone への接続を設定する

Coldfusion とKintone の接続を確立するには、JDBC 接続文字列が必要です。

Kintone 接続プロパティの取得・設定方法

Kintone に接続するには、以下の接続プロパティを設定してください。

  • Url:Kintone へのアクセスURL。例えば、https://yoursitename.cybozu.com またはhttps://yoursitename.kintone.com
  • User:アカウントのユーザー名
  • Password:アカウントのパスワード

Basic 認証を利用する

ご利用のKintone ドメインでBasic 認証の機能を設定している場合は、接続プロパティの「詳細」設定からBasicAuthUser およびBasicAuthPassword を追加で指定してください。

クライアントSSL を利用する

Basic 認証の代わりにクライアント証明書を使った認証を利用する場合は、SSLClientCertSSLClientCertTypeSSLClientCertSubject、 およびSSLClientCertPassword を指定ください。

組み込みの接続文字列デザイナー

JDBC URL の作成の補助として、Kintone JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーが使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.kintone.jar 組み込みの接続文字列デザイナーを使ってJDBC URL を生成(kintone の場合)

データソースを追加してテーブルを作成する

接続を設定したのち、次の手順に従ってはじめにCData JDBC Driver をColdFusion のlib ディレクトリに追加し、続けて新しいデータソースを追加、接続をテスト、ColdFusion マークアップファイルを作成し、最後にKintone データとリアルタイム接続してColdFusion Markup Language(CFML)で記述されるテーブルに表示します。

  1. JDBC Driver for Kintone およびlic ファイルを"C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Kintone\lib" から"C:\ColdFusion2021\cfusion\wwwroot\WEB-INF\lib"にコピーします。 cdata.jdbc.kintone.jar cdata.jdbc.kintone.lic

    Note:.lic ファイルをjar ファイルとともにコピーしないと、有効なライセンスがインストールされていないことを示すライセンスエラーが表示されます。 これは評価版、製品版ともに同様です。

  2. ColdFusion Administrator インターフェースで「データとサービス」を選択します。 データとサービスを選択
  3. 「新規のデータソースの追加」を行います。データソース名は、ColdFusion の変数命名規則に従っていればどのような名前でもかまいません。 JDBC ドライバーの場合は、「その他」を選択して「追加」ボタンをクリックします。 データソース名を追加
  4. 次に、ドライバーのプロパティを入力します。
    • 「JDBC URL」は、次のような形式である必要があります: jdbc:kintone:|connectionString|
    • 典型的な接続文字列は次のようになります:

      jdbc:kintone:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://subdomain.domain.com;
    • 「ドライバクラス」は次のようになります:cdata.jdbc.kintone.KintoneDriver
    • 「ドライバ名」の入力は任意で、これは単にColdFusion Administrator コンソールでデータソースを認識するために使われます。
    ドライバーのプロパティを入力
  5. ここで、作成したCDataKintoneJDBC データソースの左側にあるチェックマークをクリックして、接続をテストしてください。 データソースのステータスが「OK」になると、使用可能な状態です。 接続をテスト
  6. 次に、ColdFusion Markup ファイル(.cfm)を新規作成し、ColdFusion のwwwroot ディレクトリ("C:\ColdFusion2021\cfusion\wwwroot")に配置します。

    次のコードは、データソースにクエリを実行します。

                
            <cfquery name="KintoneQuery" dataSource="CDataKintoneJDBC"> 
              SELECT * FROM Apps 
            </cfquery> 
        
    CFTable を使用すると、HTML で素早くテーブルを出力できます。
                
              <cftable  
              query = "KintoneQuery" 
              border = "1" 
              colHeaders 
              colSpacing = "2" 
              headerLines = "2" 
              HTMLTable 
              maxRows = "500" 
              startRow = "1"> 
    
              <cfcol header="<b>Name</b>" align="Left" width=2 text="Name"/> 
    
              <cfcol header="<b>Description</b>" align="Left" width=15 text="Description"/> 
    
              ...
    
            </cftable> 
        
    HTML 部分を含むコード全体を以下に掲載します。
                
            <html> 
            <head><title>CData Software | Kintone Apps Table Demo </title></head> 
            <body> 
            <cfoutput>#ucase("Kintone Apps Table Demo")#</cfoutput> 
            <cfquery name="KintoneQuery" dataSource="CDataKintoneJDBC"> 
    
              SELECT * FROM Apps 
    
            </cfquery> 
            <cftable  
              query = "KintoneQuery" 
              border = "1" 
              colHeaders 
              colSpacing = "2" 
              headerLines = "2" 
              HTMLTable 
              maxRows = "500" 
              startRow = "1"> 
              <cfcol header="<b>Name</b>" align="Left" width=2 text="Name"/> 
    
              <cfcol header="<b>Description</b>" align="Left" width=15 text="Description"/> 
    
              ...
    
            </cftable> 
            </body> 
    
            </html>  
        
  7. 最後に、デフォルトのポート8500のブラウザでコードをローカルに実行します。これでKintone のデータが入力されたテーブルが作成されました! コードを実行

なお、CData JDBC Driver はcfqueryparam 要素を使用したパラメータ化クエリもサポートしています。 次に例を示します。 SELECT * FROM Account WHERE name =

今日からはじめましょう

CData JDBC Driver for Kintone の 30日間無償トライアル をダウンロードして、Adobe ColdFusion でKintone と連携したアプリケーションの作成をはじめましょう!ご不明な点があれば、サポートチームにお問い合わせください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。