製品をチェック

kintone Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

kintone アイコン kintone JDBC Driver 相談したい

潜在顧客、連絡先、営業案件、アカウントなどのkintone アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。

DBeaver からKintone データに接続する方法

クエリブラウザなど、DBeaver のビジュアルツールを使ってKintone データを管理する方法を解説。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-09-07
kintone ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
DBeaver ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData JDBC Driver for Kintone は、IDE のウィザードからBI ツールまで、サードパーティーツールからKintone データの読み書きを可能にするJDBC 標準を実装しています。本記事では、DBeaver のウィザードを使ってKintone データに接続し、DBeaver のGUI でデータを参照する方法を紹介します。

Kintone データのJDBC データソースを作成する

以下の手順で、DBeaver にドライバーのJAR ファイルをロードします。

  1. DBeaver アプリケーションを開き、「データベース」メニューの「ドライバーマネジャー」オプションを選択します。「新規」をクリックして「新しいドライバを作成する」フォームを開きます。
  2. 「ドライバ名」ボックスに、ドライバーの分かりやすい名称を入力します。
  3. .jar ファイルを追加するために、「ファイルを追加」をクリックします。
  4. 表示されるダイアログで、インストールディレクトリのlib フォルダにあるcdata.jdbc.kintone.jar ファイルを選択します。
  5. 「クラスを見つける」ボタンをクリックし、検索結果から「Kintone ドライバクラス」を選択します。これにより、フォーム上部にある「クラス名」フィールドが自動的に入力されます。ドライバーのクラス名はcdata.jdbc.kintone.KintoneDriver です。
  6. 「URL テンプレート」フィールドにjdbc:kintone: を追加します。
JAR パス、ドライバクラス、JDBC URL によって定義されるJDBC データソース(QuickBooks の場合)

Kintone データへの接続を作成する

以下の手順で、認証情報およびその他の必要な接続プロパティを追加します。

  1. 「データベース」メニューから、「新しい接続」をクリックします。
  2. 表示される「新しい接続を作成する」ウィザードで、ドライバーを選択します。
  3. ウィザードで「次へ」をクリックし、表示されたページで「ドライバのプロパティ」タブをクリックします。
  4. Kintone に接続するために必要な認証情報およびその他のプロパティの値を入力します。

    Kintone 接続プロパティの取得・設定方法

    Kintone に接続するには、以下の接続プロパティを設定してください。

    • Url:Kintone へのアクセスURL。例えば、https://yoursitename.cybozu.com またはhttps://yoursitename.kintone.com
    • User:アカウントのユーザー名
    • Password:アカウントのパスワード

    Basic 認証を利用する

    ご利用のKintone ドメインでBasic 認証の機能を設定している場合は、接続プロパティの「詳細」設定からBasicAuthUser およびBasicAuthPassword を追加で指定してください。

    クライアントSSL を利用する

    Basic 認証の代わりにクライアント証明書を使った認証を利用する場合は、SSLClientCertSSLClientCertTypeSSLClientCertSubject、 およびSSLClientCertPassword を指定ください。

    組み込みの接続文字列デザイナー

    JDBC URL の作成の補助として、Kintone JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーが使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.kintone.jar

    接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

    組み込みの接続文字列デザイナーを使ってJDBC URL を生成(Salesforce の場合)

    一般的な接続文字列:

    jdbc:kintone:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://subdomain.domain.com;
接続に必要な認証情報とその他のパラメータ(QuickBooks の場合)

Kintone データにクエリを実行

これで、公開済みテーブルのデータにクエリを実行できるようになりました。「テーブル」を右クリックし、「テーブルの編集」をクリックします。「データ」タブでデータを確認できます。

DBeaver でクエリを実行した結果(QuickBooks の場合)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。