製品をチェック

kintone Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

kintone アイコン kintone JDBC Driver 相談したい

潜在顧客、連絡先、営業案件、アカウントなどのkintone アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。

JRuby からKintone にデータ連携

リアルタイムKintone に連携するシンプルなJRuby アプリケーションを作成します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-10-23
kintone ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
JRuby ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

JRuby はRuby プログラミング言語の高性能で安定した、完全にスレッド化されたJava 実装です。CData JDBC Driver for Kintone を使用すると、JRuby からリアルタイムKintone へのデータ連携を簡単に実装できます。ここでは、Kintone に接続し、クエリを実行して結果を表示する簡単なJRuby アプリを作成する方法を説明します。

Kintone データにJDBC で接続

アプリを作成する前に、JDBC Driver のJAR ファイルのインストール場所をメモします。 (通常はC:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for Kintone\libにあります。)

JRuby は、JDBC をネイティブにサポートしているため、簡単にKintone に接続してSQL クエリを実行できます。java.sql.DriverManager クラスのgetConnection 関数を使用してJDBC 接続を初期化します。

Kintone 接続プロパティの取得・設定方法

Kintone に接続するには、以下の接続プロパティを設定してください。

  • Url:Kintone へのアクセスURL。例えば、https://yoursitename.cybozu.com またはhttps://yoursitename.kintone.com
  • User:アカウントのユーザー名
  • Password:アカウントのパスワード

Basic 認証を利用する

ご利用のKintone ドメインでBasic 認証の機能を設定している場合は、接続プロパティの「詳細」設定からBasicAuthUser およびBasicAuthPassword を追加で指定してください。

クライアントSSL を利用する

Basic 認証の代わりにクライアント証明書を使った認証を利用する場合は、SSLClientCertSSLClientCertTypeSSLClientCertSubject、 およびSSLClientCertPassword を指定ください。

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の構成については、Kintone JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.kintone.jar

接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

Using the built-in connection string designer to generate a JDBC URL (Salesforce is shown.)

以下はKintone の一般的なJDBC 接続文字列です。

jdbc:kintone:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://subdomain.domain.com;

Kintone データへの接続性を持つJRuby アプリを作成

新しいRuby ファイル(例: KintoneSelect.rb) を作成してテキストエディタで開き、次のコードをファイルにコピーします。

require 'java' require 'rubygems' require 'C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for Kintone 2018/lib/cdata.jdbc.kintone.jar' url = "jdbc:kintone:User=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://subdomain.domain.com;" conn = java.sql.DriverManager.getConnection(url) stmt = conn.createStatement rs = stmt.executeQuery("SELECT Name, Description FROM Apps") while (rs.next) do puts rs.getString(1) + ' ' + rs.getString(2) end

ファイルが完成したら、コマンドラインからファイルを実行するだけでJRuby でKintone を表示できるようになります。

jruby -S KintoneSelect.rb

SQL-92 クエリをKintone に書き込むと、Kintone を独自のJRuby アプリケーションに素早く簡単に組み込むことができます。今すぐ無料トライアルをダウンロードしましょう。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。