今すぐお試しください!

製品の詳細LDAP MuleSoft Anypoint Connector を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

LDAP Objects にSQL を使ってAnypoint からデータ連携

CData Mule Connector for LDAP を使って、LDAP objects のJSON エンドポイントを作成するシンプルなMule アプリケーションを作成。

CData Mule Connector for LDAP は、LDAP objects をMule アプリケーションから標準SQL でのread、write、update、およびdeleteを可能にします。コネクタを使うことで、Mule アプリケーションでLDAP objects のバックアップ、変換、レポート、および分析を簡単に行えます。

This article demonstrates how to use the CData Mule Connector for LDAP inside of a Mule project to create a Web interface for LDAP objects. The application created allows you to request LDAP objects using an HTTP request and have the results returned as JSON. The exact same procedure outlined below can be used with any CData Mule Connector to create a Web interface for the 210+ available data sources.

  1. Create a new Mule Project in Anypoint Studio.
  2. Add an HTTP Connector to the Message Flow.
  3. Configure the address for the HTTP Connector.
  4. Add a CData LDAP Connector to the same flow, after the HTTP Connector.
  5. Create a new Connection (or edit an existing one) and configure the properties to connect to LDAP (see below). Once the connection is configured, click Test Connection to ensure the connectivity to LDAP.

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。
  6. Configure the CData LDAP Connector.
    1. Set the Operation to 'Select with Streaming'.
    2. Set the Query type to Dynamic.
    3. Set the SQL query to SELECT * FROM #[message.inboundProperties.'http.query.params'.get('table')] to parse the URL parameter table and use it as the target of the SELECT query. You can customize the query further by referencing other potential URL parameters.
  7. Add a Transform Message Component to the flow.
    1. Map the Payload from the input to the Map in the output.
    2. Set the Output script to the following to convert the payload to JSON:
      %dw 1.0
      %output application/json
      ---
      payload
              
  8. To view your LDAP objects, navigate to the address you configured for the HTTP Connector (localhost:8081 by default) and pass a table name as the table URL parameter: http://localhost:8081?table=User
    The User data is available as JSON in your Web browser and any other tools capable of consuming JSON endpoints.

At this point, you have a simple Web interface for working with LDAP objects (as JSON data) in custom apps and a wide variety of BI, reporting, and ETL tools. Download a free, 30 day trial of the Mule Connector for LDAP and see the CData difference in your Mule Applications today.

 
 
ダウンロード