製品をチェック

OData Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

OData アイコン OData JDBC Driver 相談したい

使いやすいOData クライアント(コンシューマー)を使用して、OData サービスと通信するJava アプリケーションを簡単に構築できるようになります。

Google Cloud Data Fusion でOData データを扱う方法:CData JDBC Driver

CData JDBC Driver を使って、Google Cloud Data fusion で OData services をBigQuery にETL。

宮本航太
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2022-05-16
odata ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Google Cloud Data Fusion ロゴ

こんにちは!プロダクトスペシャリストの宮本です。

Google Cloud Data Fusion は、ノーコードでデータ連携の設定が可能な言わば GCP の ETL ツール(サービス)です。たくさんのコネクタや変換・分析機能がデフォルトで用意されているため、さまざまなデータソースを色々な組み合わせで扱うことが可能なようです。 また JDBC を扱うこともできるため、この記事では、CData JDBC Driver for OData services を使って、OData services データをCloud Data Fusion でGoogle BigQuery にノーコードでパイプラインします。

Cloud Data Fusion の準備

まずはCloud Data Fusion のインスタンスを作成します。

  1. Data Fusion のトップ画面にある「CREATE INSTANCE」からインスタンスを作成します。
  2. 作成されたインスタンス名を先ほどの画面でクリックすると以下の画面に遷移しますので、画面下部にある Service Account をコピーします。
  3. Cloud Data Fusion のインスタンス作成
  4. 画面上部にある追加からメンバーを追加します。メンバー名は先ほどコピーした「Service Account」に合わせてください。 役割は BiqQuery へもアクセスしますので、「BigQuery 管理者」、「Cloud Data Fusion 管理者」、「Cloud Data Fusion API サービス エージェント」を付与します。

CData JDBC Driver for OData のアップロード

ここからは実際に、Data Fusion の設定をしていきます。 まずは JDBC Driver をアップロードを行います。

  1. 「View Instance」をクリックして、Data Fusion の Control Center を開きます。
  2. Cloud Data Fusion のControl Center を開く
  3. Control Center が表示されたら、「+」ボタンをクリックして JDBC Driver をアップロードしていきます。
    • Name:アップロードしたドライバーに設定する名前
    • Class name:cdata.jdbc.odata.ODataDriver
    JDBC Driver をCloud Data Fusion にアップロード
  4. アップロードする際の注意点として、Driver のファイル名を name-version の形式に変更してアップロードする必要があります。 なお、jarファイルをダブルクリックした際に表示されているバージョンをもとに「odata-connector-java-19.0.7115.0.jar」に変更しました。
  5. JDBC Driver をCloud Data Fusion にアップロード
  6. アップロードが成功するとこのような画面が表示されるので、「Create a Pipeline」をクリックします。
  7. JDBC Driver のアップロード終了

OData からGoogle BigQuery へのパイプラインの作成

Data Fusion のパイプライン作成

インプット元はサイドメニューの「Source」から選択します。今回は先ほどアップロードした OData services の JDBC Driver を使用するため、「DataBase」を選択します。 アウトプット先は同じくサイドメニューより「Sink」→「BigQuery」を選択します。

Source およびSink 先の選択

「DataBase」の設定

「DataBase」のアイコンにカーソルを持ってくるとプロパティというボタンが表示されるのでクリックし、下記内容を設定します。

  • Label:OData
  • Reference Name:OData
  • Plugin Name:OData Driver(Driver をアップロードした際の名前)
  • Plugin Type:jdbc
  • Connection String:OData へ接続する際の JDBC URL
  • Import Query:インプットしたいデータを抽出するクエリ

OData ソースへの接続には、OData サーバーのルートURI もしくはOData サービスのファイルをURL に指定します。Authentication セクションでは、User およびPassword を設定します。

Connection String は以下の形式です。

jdbc:odata:URL=http://services.odata.org/V4/Northwind/Northwind.svc;UseIdUrl=True;OData Version=4.0;Data Format=ATOM;

Database プロパティ設定

上のキャプチャの赤枠は、Salesforce から BigQuery へアウトプットするデータの定義となります。 こちらは「Import Query」のすぐ右上にある「Get Schema」をクリックすると下の画面が表示されますので、「Import Query」で入力したクエリを実行し、カラムを定義します。

Output schema 設定

「BigQuery」の設定

こちらも同様に BigQuery のプロパティから下記内容を設定します。

  • Label:BigQuery
  • Reference Name:BigQuery
  • Project ID:使用するProject ID
  • DataSet:使用するDataSet
  • Table:使用するテーブル名、例:Account_DataFusion
BigQuery のプロパティ設定

作成したOData services からBigQuery のパイプラインの実行

まずは作成したパイプラインをデプロイします。赤枠の「Deploy」ボタンをクリックしてデプロイを行います。

Deploy Cloud Data Fusion Pipeline

デプロイ完了後、Runボタンが表示されますので、クリックします。

デプロイしたパイプラインを実行

このようにCData JDBC Driver をアップロードすることで、簡単にGoogle Cloud Data Fusion でOData services データをノーコードで連携し、BigQuery などへのパイプラインを作成することができます。

是非、CData JDBC Driver for OData 30日の無償評価版 をダウンロードして、お試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。