Jetty コネクションプールからOData データに連携。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

OData JDBC Driver

使いやすいOData クライアント(コンシューマー)を使用して、OData サービスと通信するJava アプリケーションを簡単に構築できるようになります。



CData JDBC Driver for OData は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからOData データに連携する手順を説明します。

CData JDBC driver for OData は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にOData データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for OData を設定します。

DBC Driver for OData を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とOData の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、OData データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='odatademo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="odatademo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="odatademo"/></Arg> <Arg>jdbc/odatadb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.odata.ODataDriver"> <Set name="url">jdbc:odata:</Set> <Set name="URL">http://services.odata.org/V4/Northwind/Northwind.svc</Set> <Set name="UseIdUrl">True</Set> <Set name="OData Version">4.0</Set> <Set name="Data Format">ATOM</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    OData ソースへの接続には、OData サーバーのルートURI もしくはOData サービスのファイルをURL に指定します。Authentication セクションでは、User およびPassword を設定します。

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/odatadb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/odatadb へのルックアップでOData データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource myodata = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/odatadb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。