SnapLogic でPonparemall を外部サービスに連携

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Ponparemall JDBC Driver

在庫、商品、受注などのPonparemall アカウントデータを組み込んだ強力なJava アプリケーションを迅速に作成して配布できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

CData JDBC Driver for Ponparemall を使用して、SnapLogic と外部サービスを連携。



SnapLogic はintegration Platform-as-a-Service(iPaaS)であり、ユーザーはノーコードでデータ連携フローを作成できます。CData JDBC Drivers と組み合わせることで、ユーザーはSnapLogic ワークフローからPonparemall を含む250を超えるSaaS、ビッグデータ、NoSQL データソースのライブデータに接続できます。

組み込みの最適化されたデータ処理によって、CData JDBC Driver はライブPonparemall データを高速に扱えます。プラットフォームがPonparemall に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計などのサポートされているSQL 操作をPonparemall に直接プッシュし、サポートされていない操作(主にSQL 関数とJOIN 操作)は組み込みSQL エンジンを利用してクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブデータソース型を使用してPonparemall データを操作することができます。

SnapLogic からPonparemall に接続する

SnapLogic からPonparemall データに接続するには、CData Ponparemall JDBC Driver をダウンロードしてインストールします。インストール画面に従ってください。インストールが完了すると、インストール先のディレクトリ(デフォルトでは、C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for Ponparemall/lib)にJAR ファイルが作成されます。

Ponparemall JDBC Driver をアップロードする

インストール後、JDBC JAR ファイルをSnapLogic 内のディレクトリ(例えば、projects/Jerod Johnson)にManager タブからアップロードします。

接続を設定する

JDBC Driver がアップロードされると、Ponparemall への接続を作成できます。

  1. Designer タブに移動します。
  2. Snaps から「JDBC」を展開して、「Generic JDBC - Select」snap をdesigner にドラッグします。
  3. Add Account をクリック(または既存のものを選択)して、「Continue」をクリックします。
  4. 次のフォームでは、JDBC 接続プロパティを設定します。
    • JDBC JARs 以下にアップロードしたJAR ファイルを追加します。
    • JDBC Driver Classcdata.jdbc.ponparemall.PonparemallDriver に設定します。
    • JDBC URL をPonparemall JDBC Driver 用のJDBC 接続文字列に設定します。例えば、

      jdbc:ponparemall:InventoryUserId=Inventory UserId;InventoryPassword=Invetory Password;RTK=XXXXXX;
      です。

      NOTE: RTK は評価版もしくは製品版のキーです。詳しくは、CData のサポートチームにご連絡ください

      組み込みの接続文字列デザイナー

      JDBC URL の作成の補助として、Ponparemall JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーが使用できます。JAR ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインからjar ファイルを実行します。

      java -jar cdata.jdbc.ponparemall.jar

      接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

      Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

      Ponparemall へのアクセスの設定

      Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

      • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
      • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
      • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

      Ponparemall アカウントの認証

      次の接続プロパティを設定して接続します。

      • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
      • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
      • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  5. 接続プロパティの入力後、「Validate」、そして「Apply」をクリックします。

Ponparemall データを読み込む

接続を検証、適用後に開くフォームで、クエリを設定します。

  • Schema name を"Ponparemall" に設定します。
  • Table name を、スキーマ名を使用したPonparemall 用のテーブルに設定します。例えば、"Ponparemall"."Orders" です(ドロップダウンを使用して利用可能なテーブルの全リストを確認できます)。
  • テーブルから、使用したい項目ごとにOutput fields を追加します。

Generic JDBC - Select snap を保存します。

接続とクエリを設定したら、snap の終端部分(以下のハイライト部分)をクリックしてデータをプレビューします。

結果が期待どおりのものであることを確認したら、他のsnap を追加してPonparemall データを別のエンドポイントに渡すこともできます。

Ponparemall データを外部サービスにパイプ

本記事では、データをGoogle Spreadsheet にロードします。他のあらゆるサポートされているsnap が使用でき、Generic JDBC snap を他のCData JDBC Driver と利用してデータを外部サービスに移すこともできます。

  1. まず、「Worksheet Writer」snap を"Generic JDBC - Select" snap の終端部分にドロップします。
  2. Google Sheets に接続するアカウントを追加します。
  3. Worksheet Writer snap を、Ponparemall データをGoogle Spreadsheet に書き込むよう設定します。

これで、接続済みのパイプラインを実行してPonparemall からデータを抽出し、Google Spreadsheet にプッシュできます。

外部データをPonparemall にパイプ

上述のように、JDBC Driver for Ponparemall をSnapLogic から使用してデータをPonparemall に書き込むことができます。まずは、Generic JDBC - Insert またはGeneric JDBC - Update snap をダッシュボードに追加します。

  1. 既存の「Account」(接続)を選択するか、新しく作成します。
  2. クエリの設定。
    • Schema name を"Ponparemall" に設定します。
    • Table name をスキーマ名を使用したPonparemall のテーブルに設定します。例えば、"Ponparemall"."Orders"(ドロップダウンを使用して利用可能な全テーブルの一覧を確認できます)。
  3. Generic JDBC - Insert/Update snap を保存します。

これで、Ponparemall にデータを書き込んだり、新しいレコードを挿入したり、既存のレコードを更新するsnap が設定できました。

詳細情報と無償評価版

CData JDBC Driver for Ponparemall を使えば、Ponparemall データを外部サービスに連携するためのパイプラインをSnapLogic で作成できます。Ponparemall への接続に関する詳細については、CData のPonparemall 連携ページを参照してください。CData JDBC Driver for Ponparemall の30日間無償評価版をダウンロードして今すぐ使い始めましょう。