RPA AutoMate でPonparemall データを連携利用

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Ponparemall ODBC Driver

Ponparemall ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからライブなPonparemall データに直接接続できる強力なツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにPonparemall にアクセスし、在庫、商品、受注などの読み出し、書き込み、および更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

RPA AutoMate と Ponparemall ODBC Driver を使ってノーコードでPonparemall 連携タスクを作成。



AutoMate はHelpSystems 社が提供するRPA ツールです。700項目の自動化機能と15種類の自動実行トリガーが選択可能であるためあらゆるシーンを自動化することが可能です。

また、データベースにODBC経由で接続できるアクションが含まれており、CData ODBC Driverと組み合わせることでCData が対応しているさまざまなデータソースとノーコードで連携ができるようになります。

この記事では、AutoMate と CData ODBC Driver を使って、Ponparemall に連携するタスクを作成します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Ponparemall データへの接続

  1. まずODBC DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

    Ponparemall へのアクセスの設定

    Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

    • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
    • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
    • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

    Ponparemall アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
    • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  2. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

AutoMate でタスクを作成する

それでは AutoMate でタスクを作成していきましょう。

  1. タスク アドミニストレーターを起動し新規タスクを作成します。
  2. 任意のタスク名を入力して、次へ進みます。
  3. トリガーを追加し、タスクビルダーを起動します。「タスクビルダーを開始する」をクリックします。

AutoMate でPonparemall へのDB 接続を構成

続いて AutoMate でODBC への接続構成を行います。

  1. ODBC 接続は「データベース」のアクションを使って構成していきます。
  2. まずは接続を確立します。「SQL 接続を開く」アクションをドラッグアンドドロップで配置しましょう。
  3. プロパティの「接続」で接続設定をします。「接続の構築」をクリックします。
  4. 接続するプロバイダーを選択します。「Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers」を選択します。
  5. データソースを指定します。接続設定は完了です。

Ponparemall のデータをAutoMate で扱う

接続セッションの構成が完了したら、実際にデータを読み取るアクションを設定しましょう。

  1. SQL クエリでデータを取得するため「SQL クエリ」アクションを配置します。
  2. 「SQL クエリ」アクション では「SQL ステートメント」に対してSQL を入力して、データを取得することができます。
  3. 取得したデータを後続ステップで利用するため、データセットを作成します。
  4. CSV に出力して取得データを確認します。

作成したタスクの動作を確認する

それでは作成したタスクを実際に動かしてみましょう。

  1. タスクは画面上にある「実行」で手動実行が可能です。
  2. 処理の完了は画面下の出力から確認できます。
  3. 指定したCSV ファイルを開きます。正常にPonparemall のデータを元にしたCSV ファイルが生成されていました。