今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Amazon Redshift を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

CData ODBC Driver for Redshift を使ってMicroStrategy でRedshift データを分析

MicroStrategy BI プラットフォームのダッシュボードにRedshift をノーコードでデータ連携して利用。



CData ODBC Drivers はMicrostrategy のようなBI ツールにおいて、多種な重要なデータソースへのアクセスを実現します。この記事では、Redshift への接続方法、UI またはクエリを使ってデータをインポートする方法、そしてダッシュボードでデータビジュアライゼーションをいくつか作成する方法について説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

MicroStrategy を使ってRedshift のクエリを発行

次の手順では、Microstrategy からCData JDBC Driver for Redshift を使ってデータに接続する方法を説明します。

  1. 接続プロパティが未設定の場合には、DSN(データソース名)の設定を行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

    一般的な接続文字列は次のとおりです:

    • User
    • Password
    • Database
    • Server
    • Port

    Redshift への接続には次を設定します:

    • Server: 接続するデータベースをホストしているクラスタのホスト名およびIP アドレス。
    • Port: クラスタのポート。
    • Database: データベース名、ブランクの場合ユーザーのデフォルトデータベースになります。
    • User: ユーザー名。
    • Password: ユーザーのパスワード。

    Server およびPort の値はAWS の管理コンソールで取得可能です:

    1. Amazon Redshift console (http://console.aws.amazon.com/redshift) を開く。
    2. Clusters ページで、クラスタ名をクリック。
    3. クラスタのConfiguration タブで、表示された接続文字列からクラスタのURL をコピーします。

      Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    4. ダッシュボードで、+アイコンをクリックしてRedshift に接続を追加します。ダイアログが表示されたら、以下の情報を入力します:

      • DSN: Redshift ODBC データソース用のDSN を選択。
      • DBMS: メニュー内の[Generic DBMS]オプションを選択。
      • Name: ユーザーフレンドリーなデータソース名を入力。
    5. 接続を選択します。
    6. [Edit SQL]をクリックします。[Editor]パネルの角にある青色ペンのアイコンです。
    7. [Editor]にクエリを入力します: SELECT ShipName, ShipCity FROM Orders
    8. [Execute SQL]をクリックします。パネルの角にある緑色の再生アイコンです。
    9. [Continue]をクリックして結果を保存します。
    10. 表示されたページで、[Select a Visualization]>[Bar Chart]>[Clustered Bar Chart]をクリックします。

 
 
ダウンロード