製品をチェック

REST Data Provider の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

REST  アイコン REST ADO.NET Provider 相談したい

REST Web サービス連携のパワフルな.NET アプリケーションを素早く作成して配布。

SSAS でREST データに連携するOLAP Cube を作成

REST データプロバイダーを利用してAnalysis Services プロジェクト内のREST に接続し、アナリティックスやレポーティングなどで使えるOLAP キューブを構築します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-04-10
rest ロゴ

CData

ado ロゴ画像
Microsoft SSAS ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

SQL Server Analysis Services (SSAS) は、意思決定支援やビジネスアナリティックスで使われる解析エンジンです。ビジネスレポートおよび、Power BI やExcel、 Reporting Services レポート、その他のデータ可視化ツールのようなクライアントアプリケーションに、エンタープライズレベルのセマンティックデータを提供します。REST 用のCData ADO.NET プロバイダーと合わせれば、REST を使って、より深く速いデータ分析のためのキューブを作成できます。

この記事では、Analysis Services プロジェクトをVisual Studio で作成し、REST の多次元モデルを構築および配置する方法を説明します。これには、アクセス可能なSSAS インスタンスと、ADO.NET プロバイダーのインストールが必要です。

REST 用のJDBC データソースの設定

まず、Visual Studio で新しい多元的なAnalysis Service とデータマイニングプロジェクトを作成します。次に、プロジェクト内でREST 用のデータソースを作成します。

  1. [Solution Explorer] の[Data Source] を右クリックし、[New Data Source] を選択します。
  2. 既存または新規の接続に基づいて、データソースを作成することを選択し、[New] をクリックします。
  3. [Connection Manager] のREST 用CData ADO.NET プロバイダーを選択し、必要な接続プロパティに入力後、[Next] をクリックします。

    データソースへの認証については、データプロバイダーのヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください: データプロバイダーはREST API を双方向データベーステーブルとして、XML/JSON ファイル(ローカルファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)を読み取り専用のビューとしてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。認証についての詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定し、認証値を指定したら、Format を"XML" または"JSON" に設定して、データ表現をデータ構造により厳密に一致させるようにDataModel を設定します。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、以下の基本的な設定を切り替えます。

    • Document (デフォルト):REST データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。データプロバイダーはネストされたエレメントをデータの集計として返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされたドキュメントとその親を単一テーブルとして暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれます。

    リレーショナル表現の構成について詳しくは、「REST データのモデル化」を参照してください。次の例で使用されているサンプルデータもあります。データには、人、所有している車、およびそれらの車で行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

    接続を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって戻される行数を制限するため、可視化・レポートのデザイン設計時のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

    Setting the Connection properties (Salesforce is shown.)
  4. インパーソネーションを[Inherit] に設定し、[Next] をクリックします。 Setting the impersonation method.
  5. データソースに名称(CData REST Source) を入力し、[Finish] をクリックします。

データソースビューの作成

データソースの次に、データソースビューを作成します。

  1. [Solution Explorer] で[Data Source Views] を右クリックし、[New Data Source View] を選択します。
  2. 先ほど作成したデータソース(CData REST Source) を選択し、[Next] をクリックします。
  3. 基になるデータソースのパターンに一致する外部キーを選択し、[Next] をクリックします。 Selecting the Foreign key match pattern.
  4. REST の表を選択、ビューに追加し、[Next] をクリックします。 Selecting Tables (Salesforce is shown).
  5. ビューに名前を付け、[Finish] をクリックします。

スキームに一致する外部キーに基づいて、基礎的なデータとのリレーションが検出されます。[Data Source View] をダブルクリックすることで、これらのリレーションを確認・編集することができます。

Discovered relationships in the data source view (Salesforce is shown).

[Data Source View] へのセカンダリデータソースの追加はサポートされないことに注意してください。複数のデータソースを利用する場合、SSAS は、すべてのソースがADO.NET プロバイダーでは使用できないOpenRowset 経由のリモートクエリをサポートすることを必要とします。

REST 用のキューブを作成する

プロジェクトを処理してREST をSSAS に展開するための最後のステップはキューブの作成です。

  1. [Solution Explorer] の[Cubes] を右クリックし、[New Cube] を選択します。
  2. [Use existing tables] を選択し、[Next] をクリックします。
  3. メジャーグループテーブルに使用するテ-ブルを選択し、[Next] をクリックします。 Selecting measure group tables (Salesforce is shown).
  4. キューブに含ませたいメジャーを選択し、[Next] をクリックします。 Selecting measures (Salesforce is shown).
  5. 使用可能なテーブルに基づいて作成するディメンションを選択し、[Next] をクリックします。 Selecting dimensions (Salesforce is shown).
  6. すべての選択内容を確認し、[Finish] をクリックします。

プロジェクトを処理する

データソースと、データソースビュー、キューブを作成すると、SSASにキューブを展開する準備が完了します。ターゲットサーバーとデータベースを構成するために、プロジェクトを右クリックしプロパティを選択します。デプロイメントに移動し、ターゲットセクションでサーバーとデータベースのプロパティを設定します。

Configuring the target server and database.

ターゲットサーバーとデータベースを構成した後、プロジェクトを右クリックして[Process] を選択します。このステップの一部として、プロジェクトの構成・デプロイが必要となる場合があります。プロジェクトを構成・デプロイし、[Process Database]ウィザードにある[Run] をクリックします。

SSAS インスタンスにREST 用のOLAP キューブが作成され、分析、レポート、表示の準備が完了します。REST 用のCData ADO.NET プロバイダーの30日の無償評価版をダウンロードして、SSAS データをご利用ください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。