製品をチェック

REST Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

REST アイコン REST JDBC Driver 相談したい

REST Web サービス連携のパワフルなJava アプリケーションを素早く作成して配布。

Jetty コネクションプールからREST データに連携。

CData JDBC Driver は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからREST データに連携する手順を説明します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-06-18
rest ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
Jetty ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

CData JDBC Driver for REST は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にREST データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for REST を設定します。

DBC Driver for REST を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とREST の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、REST データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='restdemo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="restdemo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="restdemo"/></Arg> <Arg>jdbc/restdb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.rest.RESTDriver"> <Set name="url">jdbc:rest:</Set> <Set name="DataModel">Relational</Set> <Set name="URI">C:/people.xml</Set> <Set name="Format">XML</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    データソースへの認証については、データプロバイダーのヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください: データプロバイダーはREST API を双方向データベーステーブルとして、XML/JSON ファイル(ローカルファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)を読み取り専用のビューとしてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。認証についての詳細は、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定し、認証値を指定したら、Format を"XML" または"JSON" に設定して、データ表現をデータ構造により厳密に一致させるようにDataModel を設定します。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、以下の基本的な設定を切り替えます。

    • Document (デフォルト):REST データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。データプロバイダーはネストされたエレメントをデータの集計として返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされたドキュメントとその親を単一テーブルとして暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれます。

    リレーショナル表現の構成について詳しくは、「REST データのモデル化」を参照してください。次の例で使用されているサンプルデータもあります。データには、人、所有している車、およびそれらの車で行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/restdb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/restdb へのルックアップでREST データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource myrest = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/restdb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。