製品をチェック

製品の詳細・30日間の無償トライアルはこちら

CData Sync

Databricks への統合をノーコードで:Salesforce データのETL/ELT パイプライン構築方法を解説

CData Sync を使って、Sage 300 データをCDC を使ってDatabricks にノーコードで統合する方法を解説。データ分析基盤へのデータ取り込みニーズに対応します。

宮本航太
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2024-01-19
sage300 ロゴ

CData

sync ロゴ画像
Databricks ロゴ

こんにちは!プロダクトスペシャリストの宮本です。

データ分析基盤へのSage 300 データの取り込みのニーズが高まっています。CData Sync は、数百のSaaS / DB のデータをDatabricks をはじめとする各種DB / データウェアハウスにノーコードで統合・転送(複製)が可能なデータパイプラインツールです。

本記事では、Sage 300 データをCData Sync を使ってDatabricks に統合するデータパイプラインを作っていきます。エンタープライズからSME までのETL(抽出、変換・加工、ロード)、ELT のニーズに応えます。

CData Sync とは?

CData Sync は、レポーティング、アナリティクス、機械学習、AI などで使えるよう、社内のデータを一か所に統合して管理できるデータ基盤をノーコードで構築できるETL / ELT ツールで、以下の特徴を持っています。

  1. Sage 300 をはじめとする数百種類のSaaS / DB データに対応
  2. Databricks など多くのRDB、データレイク、データストア、データウェアハウスに同期可能
  3. 業務データのデータ分析基盤へのETL / ELT 機能に特化し、極限まで設定操作をシンプルに
  4. 主要なSaaS データの差分更新やCDC(Change Data Capture、変更データキャプチャ)のサポート
  5. フレキシブルなSQL での取得データの操作

CData Sync では、1.データソースとしてSage 300 の接続を設定、2.同期先としてDatabricks の接続を設定、3.Sage 300 からDatabricks への転送ジョブの作成、という3つのステップだけで転送処理を作成可能です。以下に具体的な設定手順を説明します。

1. データソースとしてSage 300 の接続を設定

まずはじめに、CData Sync のブラウザ管理コンソールにログインします。CData Sync のインストールをまだ行っていない方は、本記事の製品リンクから「CData Sync」をクリックしてCData Sync をインストールしてください。30日間の無償トライアルをご利用いただけます。インストール後にCData Sync が起動して、ブラウザ設定画面が開きます。

それでは、データソース側にSage 300 を設定していきましょう。左の「接続」タブをクリックします。

  1. 「+接続の追加」ボタンをクリックします。 コネクションの追加。
  2. 「データソース」タブを選択して、リスト表示されるデータソースを選ぶか、検索バーにデータソース名を入力して、Sage 300 を見つけます。
  3. Sage 300 の右側の「→」をクリックして、Sage 300 アカウントへの接続画面を開きます。もし、Sage 300 のコネクタがデフォルトでCData Sync にインストールされていない場合には、ダウンロードアイコン(コネクタのアップロードアイコン)をクリックし、「ダウンロード」をクリックすると、CData Sync にコネクタがインストールされます。 データソースの追加。
  4. 接続プロパティにSage 300 に接続するアカウント情報を入力をします。

    Sage 300 には、Sage 300 Web API で通信するための初期設定が必要となるます。

    • Sage 300 のユーザー向けのセキュリティグループを設定します。Sage 300 のユーザーに、Security Groups の下にあるbSage 300 Web API オプションへのアクセスを付与します(各モジュール毎に必要です)。
    • /Online/Web/Online/WebApi フォルダ内のweb.config ファイルを両方編集して、AllowWebApiAccessForAdmin のキーを true 設定します。webAPI アプリプールを再起動すると設定が反映されます。
    • ユーザーアクセスを設定したら、https://server/Sage300WebApi/ をクリックして、web API へのアクセスを確認してください。

    Basic 認証を使用してSage 300 へ認証します。

    Basic 認証を使用して接続する

    Sage 300 に認証するには、次のプロパティを入力してください。プロバイダーは、クッキーを使用してSage 300 が開いたセッションを再利用することに注意してください。 そのため、資格情報はセッションを開く最初のリクエストでのみ使用されます。その後は、Sage 300 が返すクッキーを認証に使用します。

    • Url:Sage 300 をホストするサーバーのURL に設定します。Sage 300 Web API 用のURL を次のように作成してください。 {protocol}://{host-application-path}/v{version}/{tenant}/ 例えば、 http://localhost/Sage300WebApi/v1.0/-/ です。
    • User:アカウントのユーザー名に設定します。
    • Password:アカウントのパスワードに設定します。
    データソースの追加。
  5. 「作成およびテスト」をクリックして、正しくSage 300 に接続できているかをテストして保存します。これで転送のデータソースとしてSage 300 への接続が設定されました。

2. 同期先としてDatabricks の接続を設定

次に、Sage 300 データを書き込む先(=同期先)として、Databricks を設定します。同じく「接続」タブを開きます。

  1. 「+接続の追加」ボタンをクリックします。
  2. 「同期先」タブを選択して、リスト表示されるデータソースを選ぶか、検索バーにデータソース名を入力して、Databricks を見つけます。
  3. Databricks の右側の「→」をクリックして、Databricks データベースへの接続画面を開きます。もし、Databricks のコネクタがデフォルトでCData Sync にインストールされていない場合には、ダウンロードアイコン(コネクタのアップロードアイコン)をクリックし、「ダウンロード」をクリックすると、CData Sync にコネクタがインストールされます。 Databricks を同期先に設定
  4. Databricks クラスターに接続するために、必要なプロパティを以下のとおりに設定します。

    NOTE:必要なプロパティの値は、Databricks インスタンスでクラスターに移動して目的のクラスターを選択し、Advanced Options の下にあるJDBC/ODBC タブを選択することで見つけることができます。

    • Server:Databricks クラスターのサーバーのホスト名に設定します。
    • HTTPPath:Databricks クラスターのHTTP パスに設定します。
    • Token:パーソナルアクセストークンに設定します。この値は、Databricks インスタンスのユーザー設定ページに移動してPersonal access tokens タブを選択することで取得できます。
  5. 「作成およびテスト」をクリックして、正しく接続できているかをテストします。 同期先接続の設定
  6. これで同期先としてDatabricks を設定できました。CData Sync では、Databricks のデータベース名を指定するだけで同期するSage 300 に併せたテーブルスキーマを自動的に作成(CREATE TABLE)してくれます。同期データに合わせたテーブルを事前に作成するなどの面倒な手順は必要ありません。もちろん、既存テーブルにマッピングを行いデータ同期を行うことも可能です。

3. Sage 300 からDatabricks への転送ジョブの作成

CData Sync では、転送をジョブ単位で設定します。ジョブは、Sage 300 からDatabricks という単位で設定し、複数のテーブルを含むことができます。転送ジョブ設定には、「ジョブ」タブに進み、「+ジョブを追加」ボタンをクリックします。 ジョブの追加Salesforce の例)。

「ジョブを追加」画面が開き、以下を入力します:

  1. 名前:ジョブの名前
  2. データソース:ドロップダウンリストから先に設定したSage 300 を選択
  3. 同期先:先に設定したDatabricks を選択
データソースの設定Salesforce の例)。

すべてのオブジェクトを転送する場合

Sage 300 のすべてのオブジェクト / テーブルを転送するには、「種類」セクションで「すべて同期」を選択して、「ジョブを追加」ボタンで確定します。

作成したジョブ画面で、右上の「▷実行」ボタンをクリックするだけで、全Sage 300 テーブルのDatabricks への同期を行うことができます。

オブジェクトを選択して転送する場合

Sage 300 から特定のオブジェクト / テーブルを選択して転送を行うことが可能です。「種類」セクションでは、「標準(個別設定)」を選んでください。

次に「ジョブ」画面で、「タスク」タブをクリックし、「タスクを追加」ボタンをクリックします。 ジョブへのタスク追加Salesforce の例)。

するとCData Sync で利用可能なオブジェクト / テーブルのリストが表示されるので、転送を行うオブジェクトにチェックを付けます(複数選択可)。「ジョブを追加」ボタンで確定します。

タスク選択(Salesforce の例)。

作成したジョブ画面で、「▷実行」ボタンをクリックして(もしくは各タスク毎の実行ボタンを押して)、転送ジョブを実行します。作成したジョブの実行(Salesforce の例)。

このようにとても簡単にSage 300 からDatabricks への同期を行うことができました。

CData Sync の主要な機能を試してみる:スケジューリング・差分更新・ETL/ELT

ジョブのスケジュール起動設定

CData Sync では、同期ジョブを1日に1回や15分に1回などのスケジュール起動をすることができます。ジョブ画面の「概要」タブから「スケジュール」パネルを選び、「⚙設定」ボタンをクリックします。「間隔」と同期時間の「毎時何分」を設定し、「保存」を押して設定を完了します。これでCData Sync が同期ジョブをスケジュール実行してくれます。ユーザーはダッシュボードで同期ジョブの状態をチェックするだけです。 スケジュール実行設定。

差分更新

CData Sync では、主要なデータソースでは、差分更新が可能です。差分更新では、最後のジョブ実行時からデータソース側でデータの追加・変更があったデータだけを同期するので、転送のクエリ・通信のコストを圧倒的に抑えることが可能です。

差分更新を有効化するには、ジョブの「概要」タブから「差分更新」パネルを選び、「⚙設定」ボタンをクリックします。「開始日」と「転送間隔」を設定して、「保存」します。

SQL での取得データのカスタマイズ

CData Sync は、デフォルトではSage 300 のオブジェクト / テーブルをそのままDatabricks に複製しますが、ここにSQL、またはdbt 連携でのETL/ELT 処理を組み込むことができます。テーブルカラムが多すぎる場合や、データ管理の観点から一部のカラムだけを転送したり、さらにデータの絞り込み(フィルタリング)をしたデータだけを転送することが可能です。

ジョブの「概要」タブ、「タスク」タブへと進みます。選択されたタスク(テーブル)の「▶」の左側のメニューをクリックし、「編集」を選びます。タスクの編集画面が開きます。

UI からカラムを選択する場合には、「カラム」タブから「マッピング編集」をクリックします。転送で使用しないカラムからチェックを外します。

SQL を記述して、フィルタリングなどのカスタマイズを行うには、「クエリ」タブをクリックし、REPLICATE 「テーブル名」の後に標準SQL でフィルタリングを行います。 転送のカスタマイズ設定。

Sage 300 からDatabricks へのデータ同期には、ぜひCData Sync をご利用ください

このようにノーコードで簡単にSage 300 データをDatabricks に転送できます。データ分析、AI やノーコードツールからのデータ利用などさまざまな用途でCData Sync をご利用いただけます。30日の無償トライアルで、シンプルでパワフルなデータパイプラインを体感してください。

日本のユーザー向けにCData Sync は、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。

CData Sync の 導入事例を併せてご覧ください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。