製品をチェック

Sage 50 UK Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Sage 50 UK アイコン Sage 50 UK JDBC Driver 相談したい

Sage 50 UK への完全な読み書きアクセスにより、任意のJava / J2EE アプリケーションから検索(顧客、トランザクション、請求書、販売レシートなど)、アイテムの更新、顧客の編集などを実行できます。

帳票ツールのCROWNIX でSage 50 UK データを取り込んだ帳票を作成する

帳票ツールのCROWNIX でSage 50 UK データを取り込んだ帳票を作成する方法:CData JDBC Driver。

宮本航太
プロダクトスペシャリスト

最終更新日:2022-03-24

こんにちは!プロダクトスペシャリストの宮本です。

CROWNIX は簡単に基幹系DB や社内で持っているDB データを、さまざまな形式で出力することができる帳票ツールです。
この記事では、CROWNIX に備わっているJDBC インターフェースと CData JDBC Driver for Sage50UK を組み合わせることによりCROWNIX でSage 50 UK データを活用した帳票を作成する方法を紹介します。

CData JDBC Driver for Sage50UK のインストール

まずCData JDBC Driver for Sage50UK をCROWNIX と同じマシンにインストールします。

  1. 以下のパスにJDBC Driver がインストールされます。
    C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Sage50UK 20xxJ\lib\cdata.jdbc.sage50uk.jar
  2. インストール後、「cdata.jdbc.sage50uk.jar」と「cdata.jdbc.sage50uk.lic」ファイルをERS Data Server のlib フォルダにコピーします。

データソースへのコネクション設定

続いてERS Data Server で対象のJDBC データソースへのコネクションを構成します。

  1. サイドメニューから「データソース」→「Database」→「JDBC」と進み、接続情報を入力します。
    Driver:cdata.jdbc.sage50uk.Sage50UKDriver
    url:jdbc:sage50uk:URL=http://your-server:5493/sdata/accounts50/GCRM/your-address;User=Manager;
  2. 接続のテストを実行し、成功したら設定を保存します。

登録したサービスの有効化

コネクションの設定が完了したら、サービスの有効化を行いましょう。

  1. 「権限設定」→「権限変更」をクリックします。
  2. 先ほど作成したデータソースが「すべてのサービスリスト」に表示されているので、選択して左側の「サービスメンバー」に移動して保存します。

Report Designer で帳票レイアウトの作成~データマッピング

それではReport Designer を利用して、実際に帳票を作成してみましょう。

  1. Report Designer を起動させ、新規レポートから「表」→データベースの接続方式に「Data Server」を選択したらOK ボタンをクリックします。
  2. ヘッダーから表を選択して挿入し、Sage 50 UK に保存しているデータを出力する明細表を作成します。
  3. 次は実際にSage 50 UK にアクセスしてデータを取得します。
    ヘッダーの「データソース」から「データベース接続」をクリックし、ERS Data Server へのURL とアカウント情報を入力後に「認証」ボタンをクリックします。
    接続に成功すると、登録されたサービス名の一覧に先ほど有効化したサービス(データソース)が表示されますので、両方を選択して「接続」ボタンをクリックします。
  4. あとは取得したいデータをSQL で定義します。
    クエリの定義をクリックしてクエリ定義画面を表示し、対象のテーブルを選択します。
  5. 取得したいカラムを選択します。併せて表示順序の設定を行うため「次へ」ではなく、「整列」タブをクリックします。
  6. 以下のように並び順を指定しました。
  7. 最後に「クエリを実行してカラム名を読み取り」をチェックします。チェックをすることでReport Designer のデータセットにカラム名だけを表示して扱うことができます。
  8. 入力が終わりましたら下にある「SQL検証」ボタンをクリックして、正しくSQL が実行できることを確認し、問題なければOK ボタンをクリックします。
    OK ボタンを押下すると取得対象項目が左側に表示されますので、あとは一つずつドラッグアンドドロップでレイアウト側の該当箇所と紐づけを行います。

プレビュー

それでは作成した帳票を実際に動かしてみましょう。

  1. ホームタブから「プレビュー」→「Report Viewer でプレビュー」をクリックします。
  2. このようにSage 50 UK にあるデータが帳票レイアウトにマッピングされて表示されました。プレビューから実際にファイルに出力する場合は、ヘッダーメニューからExcel やPDF などを選択します。
  3. 以下は、PDF を選択した場合の出力結果です。

このようにCData JDBC Driver for Sage50UK とCROWNIX を組み合わせることで、簡単にSage 50 UK データを利用した帳票を作成することができました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。