製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

SAP SuccessFactors Data にSQL を使ってAnypoint からデータ連携

CData Mule Connector for SAP SuccessFactors を使って、SAP SuccessFactors data のJSON エンドポイントを作成するシンプルなMule アプリケーションを作成。

CData Mule Connector for SAP SuccessFactors は、SAP SuccessFactors data をMule アプリケーションから標準SQL でのread、write、update、およびdeleteを可能にします。コネクタを使うことで、Mule アプリケーションでSAP SuccessFactors data のバックアップ、変換、レポート、および分析を簡単に行えます。

This article demonstrates how to use the CData Mule Connector for SAP SuccessFactors inside of a Mule project to create a Web interface for SAP SuccessFactors data. The application created allows you to request SAP SuccessFactors data using an HTTP request and have the results returned as JSON. The exact same procedure outlined below can be used with any CData Mule Connector to create a Web interface for the 220+ available data sources.

  1. Create a new Mule Project in Anypoint Studio.
  2. Add an HTTP Connector to the Message Flow.
  3. Configure the address for the HTTP Connector.
  4. Add a CData SAP SuccessFactors Connector to the same flow, after the HTTP Connector.
  5. Create a new Connection (or edit an existing one) and configure the properties to connect to SAP SuccessFactors (see below). Once the connection is configured, click Test Connection to ensure the connectivity to SAP SuccessFactors.

    Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

    Basic 認証

    SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

    • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
    • User: アカウントのユーザー名に設定。
    • Password: アカウントのパスワードに設定。
    • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

    OAuth 認証

    アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

    • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
    • User: アカウントのユーザー名に設定。
    • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
    • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
    • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、[Registering your OAuth Client Application]でダウンロードした証明書に記載されています。
    • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。
  6. Configure the CData SAP SuccessFactors Connector.
    1. Set the Operation to 'Select with Streaming'.
    2. Set the Query type to Dynamic.
    3. Set the SQL query to SELECT * FROM #[message.inboundProperties.'http.query.params'.get('table')] to parse the URL parameter table and use it as the target of the SELECT query. You can customize the query further by referencing other potential URL parameters.
  7. Add a Transform Message Component to the flow.
    1. Map the Payload from the input to the Map in the output.
    2. Set the Output script to the following to convert the payload to JSON:
      %dw 1.0
      %output application/json
      ---
      payload
              
  8. To view your SAP SuccessFactors data, navigate to the address you configured for the HTTP Connector (localhost:8081 by default) and pass a table name as the table URL parameter: http://localhost:8081?table=ExtAddressInfo
    The ExtAddressInfo data is available as JSON in your Web browser and any other tools capable of consuming JSON endpoints.

At this point, you have a simple Web interface for working with SAP SuccessFactors data (as JSON data) in custom apps and a wide variety of BI, reporting, and ETL tools. Download a free, 30 day trial of the Mule Connector for SAP SuccessFactors and see the CData difference in your Mule Applications today.

 
 
ダウンロード