Node.js からSAP SuccessFactors Data をクエリ

API Server は、データを外部に公開します。CData API Server のOData エンドポイントを使って、Node.js からSAP SuccessFactors data へのCRUD クエリを実行します。

CData API Server とADO.NET Provider for SAP SuccessFactors(もしくは200+ の他のADO.NET Providers)を使って、SAP SuccessFactors をOData エンドポイントして公開し、Node.js からシンプルなHTTP リクエストでクエリを実現します。本記事ではAPI Server を使ってJSON でフォーマットされたSAP SuccessFactors データをNode.js でリクエストする方法を説明します。

Set Up the API Server

Follow the steps below to begin producing secure SAP SuccessFactors OData services:

Deploy

The API Server runs on your own server. On Windows, you can deploy using the stand-alone server or IIS. On a Java servlet container, drop in the API Server WAR file. See the help documentation for more information and how-tos.

The API Server is also easy to deploy on Microsoft Azure, Amazon EC2, and Heroku.

Connect to SAP SuccessFactors

After you deploy the API Server and the ADO.NET Provider for SAP SuccessFactors, provide authentication values and other connection properties needed to connect to SAP SuccessFactors by clicking Settings -> Connections and adding a new connection in the API Server administration console.

Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

Basic 認証

SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • Password: アカウントのパスワードに設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

OAuth 認証

アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
  • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
  • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、[Registering your OAuth Client Application]でダウンロードした証明書に記載されています。
  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。

You can then choose the SAP SuccessFactors entities you want to allow the API Server access to by clicking Settings -> Resources.

Authorize API Server Users

After determining the OData services you want to produce, authorize users by clicking Settings -> Users. The API Server uses authtoken-based authentication and supports the major authentication schemes. Access can also be restricted based on IP address; all IP addresses except the local machine are restricted by default. You can authenticate as well as encrypt connections with SSL.

Consume SAP SuccessFactors OData Feeds from Node.js

OData feeds are easy to work with in Node.js. You can use the HTTP client in Node.js to request JSON-formatted data from the API Server's OData endpoint. After making the request, you can construct the body of the response and call the JSON.parse() function to parse it into records.

The code below will make an authenticated request for ExtAddressInfo data. The example URL below applies a simple filter that searches for records with a value of Springfield in the city column.

var http = require('http'); http.get({ protocol: "http:", hostname: "MyServer.com", port: MyPort, path: "/api.rsc/ExtAddressInfo?$filter=" + encodeURIComponent("city eq 'Springfield'"), auth: 'MyUser:MyAuthtoken' }, function(res) { var body = ''; res.on('data', function(chunk) { body += chunk; }); res.on('end', function() { console.log(body); var jsonData = JSON.parse(body); }); }).on('error', function(e) { console.log("Error: ", e); });
 
 
ダウンロード