Spark データをDevExpress Data Grid にデータバインドする。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Apache Spark ADO.NET Provider

Apache Spark 連携のパワフルな.NET アプリケーションを素早く作成して配布。



Spark 用の CData ADO.NET プロバイダーをDevExpress Windows Forms とWeb コントロールとともに使用し、Spark をチャートに入力します。

Spark 用の CData ADO.NET プロバイダーはサードパーティーコントロールで使うことのできる通常のADO.NET データベースアクセスコンポーネントを実装しています。データバインドするための通常のADO.NET プロセスに従うことで、UI コントロールから実データへの双方向アクセスを可能にします。 この記事では、CData を使ってDevExpress Windows Forms とウェブコントロールにデータバインドする方法を説明します。ここでは、最新のデータを表示するチャートにデータバインドします。

SparkSQL への接続

SparkSQL への接続を確立するには以下を指定します。

  • Server:SparkSQL をホストするサーバーのホスト名またはIP アドレスに設定。
  • Port:SparkSQL インスタンスへの接続用のポートに設定。
  • TransportMode:SparkSQL サーバーとの通信に使用するトランスポートモード。有効な入力値は、BINARY およびHTTP です。デフォルトではBINARY が選択されます。
  • AuthScheme:使用される認証スキーム。有効な入力値はPLAIN、LDAP、NOSASL、およびKERBEROS です。デフォルトではPLAIN が選択されます。

Databricks への接続

Databricks クラスターに接続するには、以下の説明に従ってプロパティを設定します。Note:必要な値は、「クラスター」に移動して目的のクラスターを選択し、 「Advanced Options」の下にある「JDBC/ODBC」タブを選択することで、Databricks インスタンスで見つけることができます。

  • Server:Databricks クラスターのサーバーのホスト名に設定。
  • Port:443
  • TransportMode:HTTP
  • HTTPPath:Databricks クラスターのHTTP パスに設定。
  • UseSSL:True
  • AuthScheme:PLAIN
  • User:'token' に設定。
  • Password:個人用アクセストークンに設定(値は、Databricks インスタンスの「ユーザー設定」ページに移動して「アクセストークン」タブを選択することで取得できます)。

Windows Forms コントロール

下のコードでは、Spark でDevExpress のチャートに追加する方法を説明します。SparkSQLDataAdapter はチャートコントロールのSeries プロパティにバインドします。コントロールのDiagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。

using (SparkSQLConnection connection = new SparkSQLConnection( "Server=127.0.0.1;")) { SparkSQLDataAdapter dataAdapter = new SparkSQLDataAdapter( "SELECT City, Balance FROM Customers", connection); DataTable table = new DataTable(); dataAdapter.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new DevExpress.XtraCharts.Series(); chartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Balance" }); series.ArgumentScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "City"; series.ValueScaleType = DevExpress.XtraCharts.ScaleType.Numerical; chartControl1.Legend.Visibility = DevExpress.Utils.DefaultBoolean.False; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }

Web コントロール

下のコードではSpark でDevExpress Web を操作するための設定方法を説明します。SparkSQLDataAdapter はチャートのSeries プロパティにバインドします。Diagram プロパティはx 軸とy 軸をカラム名として定義します。 using DevExpress.XtraCharts; using (SparkSQLConnection connection = new SparkSQLConnection( "Server=127.0.0.1;")) { SparkSQLDataAdapter SparkSQLDataAdapter1 = new SparkSQLDataAdapter("SELECT City, Balance FROM Customers", connection); DataTable table = new DataTable(); SparkSQLDataAdapter1.Fill(table); DevExpress.XtraCharts.Series series = new Series("Series1", ViewType.Bar); WebChartControl1.Series.Add(series); DataTable table = new DataTable(); series.ValueDataMembers.AddRange(new string[] { "Balance" }); series.ArgumentScaleType = ScaleType.Qualitative; series.ArgumentDataMember = "City"; series.ValueScaleType = ScaleType.Numerical; ((DevExpress.XtraCharts.SideBySideBarSeriesView)series.View).ColorEach = true; }