NetBeans IDE でTaxJar データに仮想RDB として連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

TaxJar JDBC Driver

TaxJar データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



データソース構成ウィザードを使ってNetBeans IDE でTaxJar に仮想DB として連携接続。



CData JDBC Driver for TaxJar は、JDBC をサポートするIDE にリアルタイムTaxJar データへの仮想DB 連携を実現します。JDBC 標準では、ビルトインのデータアクセスウィザードや、迅速な開発をサポートするその他のツールを使用できます。この記事では、NetBeans でTaxJar に接続する方法を説明します。接続を作成して[Table Editor]でTaxJar を編集および保存、 していきます。

NetBeans にTaxJar のJDBC データソースを作成

JDBC データソースを作成するには、[Service]ウィンドウの[Database]ノードを展開し、[Drivers]ノードを右クリックして[New Driver]を選択します。[New Driver]ウィザードが表示されたら、以下の情報を入力します:

  • Driver File(s):[Add]をクリックして、ファイルエクスプローラダイアログが表示されたらcdata.jdbc.taxjar.jar ファイルを選択。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  • Driver Class:[Find]をクリックしてJAR 内のドライバークラスを検索し、cdata.jdbc.taxjar.TaxJarDriver をメニューから選択。
  • Name:ドライバーの名前を入力。

接続パラメータを定義

下記の手順に従って、必要な接続プロパティを定義します:

  1. [Service]ウィンドウで、[Database]ノードを右クリックし[New Connection]をクリックします。

  2. [New Connection]ウィザードで次の接続プロパティを入力します:

    • Driver Name:CData JDBC Driver for TaxJar を選択。
    • User Name:ユーザーネームを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • Password:パスワードを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • JDBC URL:JDBC URL を指定。

      TaxJar API への認証には、まず初めにTaxJar UI からAPI キーを取得する必要があります。

      NOTE:API の利用は、Professional およびPremium TaxJar プランでのみ可能です。

      すでにProfessional またはPremium プランをお持ちの方は、TaxJar UI にログインして、「アカウント」->「TaxJar API」に移動するとAPI キーを確認することができます。 API キーを取得したら、APIKey 接続プロパティに設定できます。

      その他の注意事項

      • デフォルトでは、エンティティが日付範囲フィルタをサポートしている場合、CData コネクタは過去3か月のデータを取得します。StartDate を設定して、取得するデータの最小作成日を指定することができます。
      • API キーがサンドボックスAPI アカウント用に作成されている場合は、UseSandbox をtrue に設定してください。ただし、すべてのエンドポイントが期待どおりに機能するとは限りません。詳しくは、TaxJar 開発者用ドキュメントを参照してください。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:taxjar:APIKey=3bb04218ef8t80efdf1739abf7257144;

リアルタイムTaxJar データをクエリ

TaxJar に接続するには、[Database]ノードにある接続を右クリックし[Connect]をクリックします。接続が確立されたら、展開してスキーマ情報を見ることができます。

[Data Views]ウィンドウにテーブルをロードするには、テーブルを右クリックしてから[View Data]をクリックします。 [Data Views]ウィンドウではレコードの挿入、更新、および削除もできます。