JRuby からTeradata にデータ連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Teradata JDBC Driver

Teradata データベースに連携するJava アプリケーションを簡単に構築。



リアルタイムTeradata に連携するシンプルなJRuby アプリケーションを作成します。

JRuby はRuby プログラミング言語の高性能で安定した、完全にスレッド化されたJava 実装です。CData JDBC Driver for Teradata を使用すると、JRuby からリアルタイムTeradata へのデータ連携を簡単に実装できます。ここでは、Teradata に接続し、クエリを実行して結果を表示する簡単なJRuby アプリを作成する方法を説明します。

Teradata データにJDBC で接続

アプリを作成する前に、JDBC Driver のJAR ファイルのインストール場所をメモします。 (通常はC:\Program Files\CDatat\CData JDBC Driver for Teradata\libにあります。)

JRuby は、JDBC をネイティブにサポートしているため、簡単にTeradata に接続してSQL クエリを実行できます。java.sql.DriverManager クラスのgetConnection 関数を使用してJDBC 接続を初期化します。

Teradata に接続するには、次の認証情報を提供し、データベースサーバー名を指定します。

  • User: Teradata ユーザーのユーザー名に設定。
  • Password: Teradata ユーザーのパスワードに設定。
  • DataSource: Teradata サーバー名、DBC 名、またはTDPID を指定。
  • Port: サーバーが実行されているポートを指定。
  • Database: データベース名を指定。指定されない場合は、本製品はデフォルトデータベースに接続されます。

ビルトイン接続文字列デザイナー

JDBC URL の構成については、Teradata JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナーを使用してください。JAR ファイルのダブルクリック、またはコマンドラインからJAR ファイルを実行します。

java -jar cdata.jdbc.teradata.jar

接続プロパティを入力し、接続文字列をクリップボードにコピーします。

以下はTeradata の一般的なJDBC 接続文字列です。

jdbc:teradata:User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Database=mydatabase;

Teradata データへの接続性を持つJRuby アプリを作成

新しいRuby ファイル(例: TeradataSelect.rb) を作成してテキストエディタで開き、次のコードをファイルにコピーします。

require 'java' require 'rubygems' require 'C:/Program Files/CData/CData JDBC Driver for Teradata 2018/lib/cdata.jdbc.teradata.jar' url = "jdbc:teradata:User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Database=mydatabase;" conn = java.sql.DriverManager.getConnection(url) stmt = conn.createStatement rs = stmt.executeQuery("SELECT ProductId, ProductName FROM NorthwindProducts") while (rs.next) do puts rs.getString(1) + ' ' + rs.getString(2) end

ファイルが完成したら、コマンドラインからファイルを実行するだけでJRuby でTeradata を表示できるようになります。

jruby -S TeradataSelect.rb

SQL-92 クエリをTeradata に書き込むと、Teradata を独自のJRuby アプリケーションに素早く簡単に組み込むことができます。今すぐ無料トライアルをダウンロードしましょう。