Ready to get started?

Learn more about the CData JDBC Driver for XML or download a free trial:

Download Now

XML Data に接続しTalend からデータに接続

XML data をTalend Open Studio の標準コンポーネントおよびデータソース設定ウィザードに統合。



この記事では、Talend で簡単にCData JDBC driver for XML をワークフローに統合する方法を説明します。ここではCData JDBC Driver for XML を使ってTalend でXML data をジョブフローに転送します。

JDBC データソースとしてTalend でXML に接続

下記の手順に従って、XML にJDBC 接続を確立します:

  1. XML data に新しいデータベース接続を追加:新しく接続を追加するには、[Metadata]ノードを展開し[Db Connections]ノードを右クリックして[Create Connection]をクリックします。
  2. ウィザードが表示されたら、接続に名前を入力します。
  3. 次のページで、[DB Type]メニューから[Generic JDBC]を選択してJDBC URL を入力します。

    See the Getting Started chapter in the data provider documentation to authenticate to your data source: The data provider models XML APIs as bidirectional database tables and XML files as read-only views (local files, files stored on popular cloud services, and FTP servers). The major authentication schemes are supported, including HTTP Basic, Digest, NTLM, OAuth, and FTP. See the Getting Started chapter in the data provider documentation for authentication guides.

    After setting the URI and providing any authentication values, set DataModel to more closely match the data representation to the structure of your data.

    The DataModel property is the controlling property over how your data is represented into tables and toggles the following basic configurations.

    • Document (default): Model a top-level, document view of your XML data. The data provider returns nested elements as aggregates of data.
    • FlattenedDocuments: Implicitly join nested documents and their parents into a single table.
    • Relational: Return individual, related tables from hierarchical data. The tables contain a primary key and a foreign key that links to the parent document.

    See the Modeling XML Data chapter for more information on configuring the relational representation. You will also find the sample data used in the following examples. The data includes entries for people, the cars they own, and various maintenance services performed on those cars.

    以下は一般的なJDBC URL です:

    jdbc:xml:URI=C:\people.xml;DataModel=Relational;
  4. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあるcdata.jdbc.xml.jar ファイルへのパスを入力します。
  5. 接続を右クリックして[Retrieve Schema]をクリックします。
  6. デフォルトオプションで[Next]をクリックしインポートしたいテーブルを選択します。
  7. デフォルトオプションでウィザードを終了します。

People テーブルをフラットファイルに出力

下記の手順に従って、people テーブルをフラットファイル出力コンポーネントに転送します:

  1. [Table Schemas]ノードで、テーブルをワークスペース内にドラッグします。
  2. ダイアログが表示されたら[tJDBCInput]コンポーネントを選択します。
  3. 次に、[tFileOutputDelimited]コンポーネントをPalette の[Business Intelligence]タブからワークスペース内にドラッグします。
  4. people tJDBCInput コンポーネントを右クリックしてベクタを出力ファイルにドラッグします。

プロジェクトを実行してデータを転送します。

 
 
ダウンロード