製品をチェック

YouTube Analytics Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 30日間の無償トライアルへ

製品の詳細

YouTube Analytics アイコン YouTube Analytics JDBC Driver 相談したい

YouTube Analytics のTraffic、Sources、Demographics、Subscribers などのデータをJava/J2EE アプリケーションから手軽に連携。

KNIME でYouTube Analytics データに接続、データを取得する方法

KNIME の標準データ接続コンポーネントを使用してYouTube Analytics のチャートとレポートを作成する方法を解説します。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2023-11-01
youtubeanalytics ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
KNIME ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。

本記事では、KNIME からYouTube Analytics データにアクセスし、レポートデザイナを使用してYouTube Analytics からチャートを作成する方法を解説します。

CData JDBC ドライバの特徴

CData ODBC ドライバは、以下の特徴を持つリアルタイムデータ接続ソリューションです。

  1. YouTube Analytics をはじめとする、CRM、MA、グループウェア、広告、会計ツールなど多様な270種類以上のSaaS / DB に対応
  2. 多様なアプリケーション、ツールにYouTube Analytics データをJDBC 経由で連携
  3. ノーコードでの手軽な接続設定
  4. 標準 SQL での柔軟なデータ読み込み・書き込み

CData JDBC ドライバでは、1.データソースとしてYouTube Analytics の接続を設定、2.KNIME 側でJDBC Driver との接続を設定、という2つのステップだけでデータソースに接続できます。以下に具体的な設定手順を説明します。

CData JDBC ドライバのインストールとYouTube Analytics への接続設定

まずは、本記事右側のサイドバーからYouTubeAnalytics JDBC Driver の無償トライアルをダウンロード・インストールしてください。30日間無償で、製品版の全機能が使用できます。

YouTube Analytics データへの新しいJDBC 接続を設定

  1. File -> Preferences -> KNIME -> Databases と進めていきます。
  2. Add File をクリックし、cdata.jdbc.youtubeanalytics.jar を追加します。ドライバーJAR ファイルは、インストールディレクトリのlib サブフォルダにあります。 CData ドライバーがKNIME ワークフローに追加。
  3. Find driver classes をクリックします。
  4. 接続のIDName を設定します(これらの項目に制限はないため、任意の値を設定してください)。
  5. URL template を設定します。一般的なJDBC URL は次のとおりです。 jdbc:youtubeanalytics:ContentOwnerId=MyContentOwnerId;ChannelId=MyChannelId;InitiateOAuth=GETANDREFRESH
  6. JDBC URL の構成については、YouTube Analytics JDBC Driver に組み込まれている接続文字列デザイナを使用してください。JAR ファイルをダブルクリックするか、またはコマンドラインからjar ファイルを実行します。

    java -jar cdata.jdbc.youtubeanalytics.jar 接続プロパティをCData ドライバーに追加。

    接続プロパティについて、詳しくはドキュメントを参照してください。

  7. OK をクリックして設定セクションを閉じます。 KNIME ワークフローに新しいデータベースCData ドライバーを登録。
  8. Node Repository の下で、DB -> Connection -> DB Connector をドラッグアンドドロップします。これをダブルクリックし、Driver Name を先ほど設定したドライバー、今回は「YouTube Analytics (ID: YouTube Analytics)」に変更します。Database URL は自動で変更されます。 CData ドライバーを設定
  9. Apply をクリックし、続けてOK で変更を保存します。 認証
  10. コネクタを右クリックし、Execute を選択します。コネクタによってブラウザにリダイレクトされるので、そこでログインしてアクセスを許可する必要があります。そうすると、正常に接続されます。 DB コネクタを実行
  11. これで、Node RepositoryRead/Write セクションからDB Query Reader を取得し、クエリを実行できるようになります。 DB Query Reader

  12. DB Query Reader をダブルクリックし、更新ボタンをクリックしてメタデータを読み込みます。SQL を記述して、Evaluate をクリックします。Evaluate をクリックすると、リクエストされたレコードが表示されます。ドライバーに記載されているテーブル / ビューの詳細については、データモデルを参照してください。 DB Query Reader でメタデータを読み込む

YouTube Analytics からKNIME へのデータ連携には、ぜひCData JDBC ドライバをご利用ください

本記事で紹介したようにCData JDBC ドライバと併用することで、270を超えるSaaS、NoSQL、DB のデータをコーディングなしで扱うことができます。30日の無償評価版が利用できますので、ぜひ自社で使っているクラウドサービスやNoSQL と合わせて活用してみてください。

CData JDBC ドライバは日本のユーザー向けに、UI の日本語化、ドキュメントの日本語化、日本語でのテクニカルサポートを提供しています。製品の使用方法、購入方法などについてご質問がありました、お気軽にお問い合わせください。

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。