製品をチェック

Zuora Driver の30日間無償トライアルをダウンロード

 ダウンロードはこちら

製品の詳細

Zuora アイコン Zuora JDBC Driver 相談したい

Zuora データを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。

Jaspersoft Studio からZuora データに接続する方法

Jaspersoft Studio でリアルタイムZuora データを基に帳票を作成。

加藤龍彦
ウェブデベロッパー

最終更新日:2022-06-07
zuora ロゴ

CData

jdbc ロゴ画像
TIBCO Jaspersoft ロゴ

こんにちは!ウェブ担当の加藤です。マーケ関連のデータ分析や整備もやっています。



この記事では、CData JDBC Driver for Zuora を使ってZuora の連携機能を持つJaspersoft Studio の基本的な帳票をテーブルやチャートで作成する方法を説明します。レポートを実行するたびに、チャートおよびテーブルはリアルタイムデータを表示します。JasperSoft のウィザードを使って、レポートエレメントを埋めるSQL クエリをいくつかビルドします。ドライバーは、リレーショナルデータベースへのデータのコピー処理をスキップする間、標準SQL を利用可能にします。代わりに、クエリは基になるZuora API に直接実行されます。

JDBC データソースとしてZuora データに接続

Jaspersoft Studio で、[Data Adapter]ウィザードを使ってJDBC データソースに接続できます。下記の手順に従って、プロジェクトからZuora に接続します。Zuora データアダプターをワークスペースに追加します。

  1. [Repository Explorer]で[Data Apters]ノードを右クリックし、[Create Data Adapter]をクリックします。
  2. [Database JDBC Connection]を選択します。
  3. ユーザーフレンドリーなドライバー名を入力します。
  4. [Driver Classpath]タブで[Add]をクリックします。ダイアログが表示されたら、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダにナビゲートします。ドライバーのJAR を選択します。
  5. [Database Location]タブでは、以下の情報が必要です:
    • JDBC Driver:JDBC driver のクラス名cdata.jdbc.zuora.ZuoraDriver を入力。
    • JDBC URL:JDBC URL に必要な接続プロパティを入力。接続プロパティは、セミコロン区切りでname-value ペアを入力する必要があります。Zuora の一般的なJDBC URL は次のとおりです:

      jdbc:zuora:OAuthClientID=MyOAuthClientId;OAuthClientSecret=MyOAuthClientSecret;Tenant=USProduction;ZuoraService=DataQuery;

      Zuora はユーザー認証にOAuth 標準を使用しています。OAuth 認証ついて詳しくは、オンラインヘルプドキュメントを参照してください。

      Tenant プロパティの設定

      プロバイダへの有効な接続を作成するには、アカウントの設定と合致するテナント値を1つ選択する必要があります。以下は、利用可能なオプションのリストです。

      • USProduction:リクエストはhttps://rest.zuora.com に送信されます。
      • USAPISandbox:リクエストはhttps://rest.apisandbox.zuora.com に送信されます。
      • USPerformanceTest:リクエストはhttps://rest.pt1.zuora.com に送信されます。
      • EUProduction:リクエストはhttps://rest.eu.zuora.com に送信されます。
      • EUSandbox:リクエストはhttps://rest.sandbox.eu.zuora.com に送信されます。

      デフォルトではUSProduction テナントを使用します。

      Zuora サービスの選択

      データクエリとAQuA API の2つのZuora サービスを使用します。デフォルトでは、ZuoraServiceAQuADataExport に設定されています。

      DataQuery

      データクエリ機能は、非同期の読み取り専用SQL クエリを実行することで、Zuora テナントからのデータのエクスポートを実現します。 このサービスは、素早く軽量なSQL クエリでの使用を推奨します。

      制限

      • フィルタ適用後の、テーブルごとの入力レコードの最大数: 1,000,000
      • 出力レコードの最大数: 100,000
      • テナントごとの、実行用に送信される同時クエリの最大数: 5
      • テナントごとの、同時クエリの制限に達した後に実行用に送信され、キューに追加されるクエリの最大数: 10
      • 1時間単位での、各クエリの最大処理時間: 1
      • GB 単位での、各クエリに割り当てられるメモリの最大サイズ: 2
      • Index Join を使用する際のインデックスの最大値。言い換えれば、Index Join を使用する際にWHERE 句で使われる一意の値に基づいた、左のテーブルから返されるレコードの最大数: 20.000

      AQuADataExport

      AQuA API のエクスポートは、すべてのオブジェクト(テーブル)のすべてのレコードをエクスポートするように設計されています。AQuA のクエリジョブには以下の制限があります。

      制限

      • AQuA のジョブ内のクエリが8時間以上実行されている場合、ジョブは自動的に停止されます。
      • 停止されたAQuA のジョブは3回再試行可能で、その後失敗として返されます。

A data adapter configured to use the JDBC Driver. (Salesforce is shown.)

Zuora データ で帳票を作成

Zuora のデータアダプターを作成したら、Zuora データをJasperReports に追加できます。このセクションでは同梱されているテンプレートの一つをZuora データに連携させる方法について説明します。

  1. [File]>[New Jasper Report]をクリックします。テンプレートを選択し、親プロジェクトを選択して、帳票に名前を入力します。
  2. [Data Adapter]ウィザードで、先のセクションで作成したデータアダプターを選択します。
  3. [Diagram]タブでは、クエリを視覚的にビルドできます:テーブルをボックスにドラッグしお好みのカラムをクリックします。カスタムクエリも入力可能です。例: SELECT * FROM Invoices The SQL query to be used to pull data into the report. (Salesforce is shown.)
  4. データセットに含めたいフィールドを選択します。

[Preview]タブでは、最新のZuora を使ったものと同じ帳票を見ることができます。

A JasperReport template populated with live data. (Salesforce is shown.)

チャートを追加

下記の手順に従って、Zuora のチャートを既存の帳票に追加します。棒グラフを、先のセクションで作成した帳票テンプレートの最後に追加します。

  1. [Design]タブをクリックします。
  2. [Outline]ビューで、帳票のルートノードを右クリックし[Create Dataset]をクリックします。
  3. データセット名を入力し、オプションをクリックして接続またはデータソースから新しいデータセットを作成します。
  4. [Data Adapter]メニューで、最初のセクションで作成した[Data Adapter]を選択します。
  5. 次のクエリを入力します:

    SELECT Id, BillingCity FROM Invoices WHERE BillingState = 'CA' The SQL query to be used to fill the chart. (Salesforce is shown.)
  6. データセットに必要なフィールドを選択します。この例ではすべてのフィールドを使います。
  7. カラムでグループ化する手順はスキップします。Zuora API はGROUP BY のステートメントをサポートしていません。

データセットを追加したら、下記の手順に従ってチャートを作成します。

  1. [Outline]ビューの[Summary]ノードをクリックします。[Properties]ビューで高さを400ピクセルに設定します。サマリーバンドが帳票の最後にプリントされます。
  2. チャートを[Palette]からsummary にドラッグします。Chart ウィザードが表示されます。
  3. チャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  4. [Dataset]メニューで、チャート用に作成したデータセットを選択します。
  5. [Dataset]タブで、オプションを選択してマスター帳票と同じ接続を使用します。Chart ウィザードは接続パラメータを入力し、メニューセレクションを[Use Another Connection]に変更します。
  6. [Series]メニューの隣にあるボタンをクリックし、デフォルトシリーズを削除します。[Add]をクリックします。
  7. [Expression Editor]が表示されたら、カラムをダブルクリックして各カラム値に新しいシリーズを作成します。例:Id。シリーズをId に設定した場合、Id ごとに新しい棒グラフが作成されます。 The column selected as the Series for the chart.
  8. [Value]ボックスの隣にあるボタンをクリックし、チャートのmeasures 用に[Expression Editor]を開きます。カラムをダブルクリックしてy 軸に追加します。例:BillingCity。
  9. [Label]ボックスの隣にあるボタンをクリックし、チャートのdimensions 用に[Expression Editor]を開きます。カラムをダブルクリックしてx 軸に追加します。例:Id。
  10. この例ではカテゴリを使用しないため、[Category]ボックスに空の文字列 "" を入力します。 Columns selected for the axes of the chart.

チャートを作成したら基本的なフォーマットを行い、サブレポートをレポートに未使用スペースなくシームレスに追加できるようにします。

  1. チャートを右クリックして[Size to Container]>[Fit Both]をクリックします。
  2. メインレポートでサブレポートを右クリックして[Size to Container]>[Fit Both]をクリックします。

プレビューする前に帳票への変更を保存します。チャートが帳票の最後のページに表示されます。

The finished report's last page, displaying the chart. (Salesforce is shown.)

関連コンテンツ

トライアル・お問い合わせ

30日間無償トライアルで、CData のリアルタイムデータ連携をフルにお試しいただけます。記事や製品についてのご質問があればお気軽にお問い合わせください。