プラグマティックAPI 連携:
SDK からデータドライバーまで

データ連携の課題に直面する開発者は、アーキテクチャ面でさまざまな選択肢を考慮する必要があります。 このホワイトペーパーでは、連携を行う際にもっとも一般的なアプローチをいくつか検討し、連携をシンプルにしてソリューションデリバリの速度を上げる上で、標準ベースのドライバーを使用するアーキテクチャ面でのメリットを概観します。

  • SaaS とデータAPI を扱う上でSQL やドライバーを活用するメリットを検討。
  • API への直接接続、SDK、連携用ミドルウェア、標準ベースのドライバーを含む連携アプローチを比較。

Keep it Simple

今日、多くの企業がクリティカルなデータをさまざまなシステムに保持しています。各企業は平均して20 以上のSaaS アプリケーションと、少なくともそれと同数のオンプレミスデータベースや内部アプリを使用しており、データ連携の統合、管理、保守は重要な課題となっています。

連携面での課題に直面する開発者としては、さまざまな選択肢を検討して多くの意思決定を行う必要があります。ドライバーは、アーキテクチャ上の複雑性をなくして連携可能なアプリケーションを素早く構築したい開発者にとって合理的な選択です。

ホワイトペーパーを無料ダウンロード


Phone
Email
Text