タグ: SQL Server

記事画像
2023年12月02日

SAP HANA データに SQL Server のリンクサーバーとして接続する場合に invalid table name エラーが発生する場合の対応方法

by 赤塚誠二

SQL Server にはリンクサーバーという、外部の DB を SQL Server から呼び出せる統合機能があり、CData ODBC Driver for SAPHANA に付属しているSQL Gateway を使えば、SAP HANA データを SQL Server のリンクサーバーとして扱うことができます。 リンクサーバーを設定して SSMS で SELECT 文を実行した際に invalid table name エラーが発生する場合、クエリで指定したテーブルへのルーティングが正しく行われていない可能性がありますので、以下を参考に修正を行ってみてください。

続きを読む

記事画像
2023年08月30日

SSIS でSQL Server のテーブルデータをkintone に追加する方法(シンプル編)

by 松本勝成

SSISを使って、異なるデータソース間でデータ連携を行う最もシンプルなパターン(SQL Server 上のテーブルデータをkintone に追加)をご紹介します。

続きを読む

記事画像
2023年05月11日

CData Sync のTips 集

by Jonathan Hikita, 加藤龍彦

CData Sync は、Salesforce やkintone などのSaaS やRDB データを各種DB にレプリケーション(複製)できるデータパイプラインツールです。 CData Sync 概要 CData Sync 概要 from CData Software Japan データソースとして対応するSaaS、DB は400種類以上 S…

続きを読む

記事画像
2023年03月17日

ローコードアプリ開発ツールQuerier を使ってSQL Server のデータと連携したアプリを作成:CData Connect Server

by 杉本和也

こんにちは。CData Software Japan リードエンジニアの杉本です。 今回は国産のローコードアプリ開発ツールQuerier を使って、クラウドやオンプレミスなどに存在するSQL Server と連携したアプリを作成する方法を紹介したいと思います。

続きを読む

記事画像
2023年03月03日

Azure Analysis Services からSnowflake をはじめ100以上のSaaS データにリアルタイム連携するKB 記事を公開しました!

by 古川えりか

Azure Analysis Services からSnowflake やkintone など100を超えるSaaS データにアクセスを可能とするCData Connect Cloud のKB を公開しました!

続きを読む

記事画像
2022年12月04日

Change Data Capture(CDC)とは?CDC の基本からCData Sync のCDC 機能まで詳しく解説

by 宮本航太

Change Data Capture (CDC) とは?という部分から各CDCの方式、加えてデータパイプラインツールのCData Sync が対応したCDC 機能についてご紹介します!

続きを読む

記事画像
2022年11月21日

EC サイト構築ができる「Shopify」上の注文データをSQL Server にレプリケートしてPower BI で可視化する方法:CData Sync

by 對馬陽子

CData Sync を使ってShopify の注文データを分析基盤であるSQL Server にレプリケートし、Power BI で可視化する方法をご紹介します。

続きを読む

記事画像
2022年09月27日

Yoom フローボットを使って、Amazon RDS SQL Server のデータと連携する方法:CData Connect Cloud

by 杉本和也

こんにちは。CData Software Japan リードエンジニアの杉本です。 今回は様々なツールと連携した独自のデータベースが作成できるサービス「Yoom」と「CData Connect Cloud」を使ってAmazon RDS SQL Server から取得したデータと連携したワークフローを作成する方法を紹介したいと思います。

続きを読む

記事画像
2022年09月27日

CData Sync V22 新機能:History Mode の使い方

by 杉本和也

CData Sync では特徴的な機能の一つとして差分更新が存在します。 これはもとのデータソースの値の更新日付を元に、必要なデータだけデータベースやDWH上で更新する機能す。 これにより常に必要なデータのみをデータベースやDWHで更新でき、効率的にデータ分析基盤の管理が行なえます。 しかしながら、場合によってはそのデータがどのように更新されたのか? をトラッキングしたい場合があります。 例えばよく相談があるトピックとしては、Salesforceの商談データを分析する時に、受注確度や受注金額がどのように変わったのか?を可視化、追跡したい、というものです。 通常CData Sync でレプリケーションされたDWHやデータベース上のデータは最新の値しか保持しません。そのため「今の商談確度」はわかっても、過去どのような商談確度の変化があったのか? みたいな情報はわかりません。 「先月は受注予測金額が良い感じだったのに、なぜか今月は受注予測金額が少ない、受注確度が下がっている気がする」というのは営業チームではよくある話ではないでしょうか。 CData Sync V22 ではこのようなデータの変化をウォッチすることができるように、History Mode という機能が追加されました。

続きを読む