by CData Software Japan | April 14, 2021

CData のSalesforce 連携ソリューションのTips

CData Software では、200種類を超えるSaaS やNoSQL データベースへのドライバーやコネクタを提供しています。そのなかでも最もニーズの高いデータソースがSalesforce です。「ザ・SaaS」と言っても過言ではないでしょう。

そんなSalesforce のデータ連携において、よく質問がある点や知っていたら便利な使い方について弊社のエンジニアチームがブログ記事を書いています。 ここでは、それらのSalesforce 連携のTips 記事をまとめて紹介します。

f:id:cdatasoftware:20210420132349p:plain
Salesforce 連携のTips 集

www.cdata.com

Salesforce API のTips

まずは、SalesforceAPI を使う準備から説明している記事を紹介します。セキュリティトークンは通常は使わないメニューですが、取得は簡単です。ほかにもOAuth での接続方法もお試しください。

CData Drivers の主要な使い方

CData では、ODBCJDBCADO.NET をはじめ多くのドライバーやカスタムコネクタを提供しています。 以下は代表的な利用例です。

オフィスツールやPowerShell からのSalesforce 連携

業務ソフトとして一番使われているツールはExcel と言われています。エンタープライズではExcelAccess などのツールは標準ツールとして数百万?数千万?のユーザーに日々使われています。それらの使い慣れたツールからSalesforce データを直接利用できます。 * Accesshttps://www.cdatablog.jp/entry/salesforce_odbc_access

FaaS やクラウドETL での利用

他にも150種類を超えるBI、ETL、開発環境などとの接続記事を用意しています。 https://www.cdata.com/jp/kb/tech/salesforce-article-list.rst

Driver の注目機能

Sync 注目機能

CData Sync は、Salesforce データをRDB やBigQuery などのDWH にロードするデータパイプラインツールです。

データ仮想化、リモーティング、リンクサーバー

CData の強みとして、データ仮想化があります。Salesforce のデータをSQL ServerMySQL のワイヤプロトコルでクエリできます。SQL Server のリンクサーバーとして使うユースケースは大変好評です。

他にも多くのSalesforceAPI や連携についてのTips を用意しています。是非、CData のブログやWebsite をご覧ください。

https://www.cdata.com/jp/ f:id:cdatasoftware:20210414160831p:plain