by 兵藤 朋代 | July 23, 2017

CData Day 2017 イベントレポート(後編)

こんにちは、CData Japan マーケティングの兵藤です。

2017年7月20日に開催されたCData Software の自社カンファレンス「CData Day 2017」レポートの後編です。

CData Japan 桑島テクニカルディレクターからAPI Server のデモ

2番目のセッションでは、CData API Server の製品説明とデモを中心に。本当に、エンドポイント作成、ユーザー管理、セキュリティ機能、ドキュメントといった多様な要素を持つREST API 開発が、ノンプログラミングでできるのか? 桑島からは、「①データソースへの接続と公開リソースの選択、②ユーザー設定・アクセス権限の設定、③API Server のデプロイの3ステップ」で簡単にAPI が公開できると説明。

デモではDB のデータをものの数分でREST API として公開し、会場からは驚きの声が。続くいくつかのデモでは作成したAPI をSalesforce の外部オブジェクトとして利用したり、Google Spreadsheet で表示したりと標準化されたREST API(OData)の使いやすさを説明しました。

マイクロソフトの井上氏から「AI 時代のデータ & API の活用とアプリケーション モダナイゼーション」

マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストの井上氏からは、モバイルファースト、クラウドファーストに大きく舵を切ったマイクロソフトの方向性についての説明、そしてマルチデバイス、AI、サーバーレスによるインテリジェントクラウドの重要性が語られました。

様々なデバイス向けのネイティブアプリケーション開発の為の.NET Standard APIsの共通化、そして簡単に使えるコグニティブサービスや、Graph API をデモを交えて紹介。麺類画像認識API のデモでは、わかりやすいAI の活用例について笑いを交えて実演しました。

CTC 富士榮氏「アイデンティティAPIとデータ統合プラットフォームの活用」

CTC で企業・組織における大規模ID管理、認証基盤などアイデンティティ管理を専門に担うチームをリードされている富士榮氏からは、アイデンティティ管理にAPI Server を使うソリューションを紹介。

エンタープライズID 基盤の構成要素である、統合認証システム、ID 管理システムについての説明のあと、アプリ増加(含むクラウドアプリ)に伴う認証システム・ID 管理システムそれぞれの課題と標準化のチャレンジにつき説明。プロビジョニングの標準化であるSCIM 普及の動きが進んでいるものの、アプリケーション側ではごく一部(Salesforce、Slack、SAP HANA Cloud Platform など)が対応しているだけで、国産のサービスや業務パッケージでの対応は皆無であると。

解決方法として今回はAPI Server を使ってID 管理システムからREST API でAPI Server リソースにアクセスして、API Server の多様なドライバを使って各種リソース(クラウドサービス、ADやLDAP、オンプレ業務システム)へのアクセスを実現しました。 API Server と80を超えるデータソースにつながるドライバを使って、ID管理というドメインでの問題解決を示され、「標準化されたデータ」の活用の良いモデルとなりました。

CData Japan 代表の疋田から日本での製品リリース&ロードマップを発表

エンバカデロ・テクノロジーズとのパートナーシップによるDelphi & C++Builder でのクラウドデータ接続を容易にするFireDAC Enterprise Connector リリースを発表。

他にも2017年にリリースされた20を超えるドライバ、年内にリリース予定のODBC for Mac、Xamarin Data Provider などを簡単に紹介させていただきました。

懇親会にも多くの方に参加いただき、製品へのご質問やフィードバックを頂きました。このように多くの方に製品を紹介し、ご意見を頂ける機会は大変重要だと思いました。

ご来場いただいた皆様、素晴らしい講演をいただいたスピーカーの方々、会場を提供頂いたマイクロソフト様に改めてお礼を申し上げます。



 
 
ダウンロード