Azure Data Catalog データをYellowfin に連携してビジュアライズ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Azure Data Catalog JDBC Driver

Azure Data Catalog データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



Azure Data Catalog をBI ツールのYellowfin にデータ接続して、データソースとする方法。



CData JDBC Driver for Azure Data Catalog は、JDBC 標準をインプリメントし、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでAzure Data Catalog への接続を提供します。この記事では、Yellowfin からAzure Data Catalog data に接続する方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Azure Data Catalog データのJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、YellowfinからAzure Data Catalog のJDBCドライバを追加します。

この手順は主にYellowfinの画面を使って進めていきます。

  1. メニューバーの中から「管理」→「管理コンソール」画面へ。 管理コンソール画面の右側にある「管理」メニューから「プラグイン管理」を選択。
  2. プラグイン管理画面、右側の「追加」をクリックし、「新規プラグイン」の画面を出す。
  3. ここでドロップできる拡張子が.jar.yfpなのでそれに合わせてファイルを変更する必要があります。
    1. CDATA JDBC Driver インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にcdata.jdbc.azuredatacatalog.jar とcdata.jdbc.azuredatacatalog.licファイルがあることを確認する。
    2. cdata.idbc.azuredatacatalog.licファイルを圧縮。
    3. 圧縮してできたファイルcdata.jdbc.azuredatacatalog.zipの名前をcdata.jdbc.azuredatacatalog.lic.jarに変更。
  4. 上記で作ったcdata.jdbc.azuredatacatalog.lic.jarともともとあったcdata.jdbc.azuredatacatalog.jarを新規プラグイン画面にドラッグ。

※YellowfinをインストールしたマシンとJDBCドライバーをインストールしたマシンが同じものでないとエラーが起こってしまいます。

次にYellowfinの管理コンソールからデータソースを追加します。下記の手順に従って以下の項目を設定します。

  1. 「管理」→「データソース」→「追加」を選択。
  2. 新規接続画面で「データベース」を選択すると「接続設定」の画面に行きます。
    • 名前:任意(CDataAzureDataCatalog)
    • 説明:任意
    • データベースタイプ:Generic JDBC Data Source(選択後以下二つが出てきます)
    • ドライバー:cdata.jdbc.azuredatacatalog.AzureDataCatalogDriver
    • 接続文字: jdbc:azuredatacatalog: に続けてセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。
      一般的なJDBC URL は次の通りです:
      jdbc:azuredatacatalog: Azure Data Catalog向けの接続文字はcdata製品マニュアルの[接続の確立]をご覧ください。
    • ユーザー名:Azure Data Catalogのユーザー名
    • パスワード:Azure Data Catalogのパスワード

上記の入力が終わったらビュー作成を選択します。

Azure Data Catalog データのビューを作成

ビュー作成を行っていきます。

[ビュー作成]で以下の項目を設定します。

  • ビューのタイプを選択:任意
  • テーブルを選択:分析に用いるテーブルを選択します。
  • ビュー名:ビューの名前
  • ビュー説明:ビューの説明

[Step1. ドラッグ&ドロップエディタ]にて、左側のデータベーステーブル一覧から参照するテーブルを選択してドラッグドロップで[カラム]または[ロウ]エリアに配置します。

[Step2. グラフ]にて、グラフの形や詳細設定を行っていきます。

「保存」「有効化」を行いビューを保存します。

このようにAzureDataCatalog 内のデータをAPI を書くことなくYellowfin 上で表示することができるようになります。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。